雑談>今日は何の日? 


今日は 8月15日。今日の昼食は、事務所の近くの焼き肉屋でプルコギ丼を食べ
ようと昨日から決めていた。事務所のある四谷界隈も、盆休みで休業している
店も多いが、昨日、その店が通常通り営業しているのを見て、なるほど、日本
のカレンダーはあまり気にしていないのかな、と思っていた。

今日は、「終戦の日」ということになっているが、これは、やや飾った言い方
だと思う。本当は、「負けを認め、過ちを認める日」であるべきではないか。
そして、アジアの人たちを想い、あらたな信頼関係をどの様に築いていくのか
を考えるべき日ではないか。
もう何年も前になるが、その様な想いから、8月15日に韓国の「独立記念館」
を訪ねたこともある。今年はそこまで足を伸ばせないので、せめてプルコギ丼
を食べることで、そのお店の人たちと、ささやかな交流をしたいと思っていた
のである。

結果として、その店は休みだったのでプルコギ丼は食べられなかった。
うっかりしていたが、今日、 8月15日は、韓国では日本の植民地支配から解放
されたことを記念する祝日だった。
やはり、こちらの「つもり」だけでは、交流は出来ないと言うことにつきるよ
うだ。

================================

一方、日本の総理大臣は、政府の式典では従来からの反省の言葉を述べたが、
アジアの国々からの猛反発を全く無視して、靖国神社に参拝した。
「いつ参拝しても批判されるから、8月15日に参拝する」は、あまりにも子供
じみた言い分である。
アメリカが言う「良き隣人」などという言葉もきわめて空虚だが、小泉首相の
身勝手な言動と、批判に対する居直り・開き直りには、怒りを通り越して、虚
しさを感じる。政治や外交とは、この様なレベルのものではないはずだ。
政治の未成熟を放置してしまっているのは、市民社会が未成熟だからか。
いやそれにしても、ここまでひどいのは勘弁願いたい。
なおかつ、次の首相候補と目されている人物にも期待できないし。
過去の戦争を想い、また今後の政治を想い、暗澹たる気持ちから抜け出すこと
ができない 8月15日であった。







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/99-647bd0f6