2005年度も助成金の財源を確保できました。 


2005年度は、六カ所再処理工場のアクティブ試験駆け込み実施という不本意な幕切れとなりました。一つ前にコメントを書きましたが、絶対にあきらめず、ねばり強く食い下がっていきましょう。

さて、みなさまには、高木基金に多大なご支援をいただき、ありがとうございました。
2005年度も助成金支出総額(780万円)を、全額、みなさまからの会費と寄付でまかなうことができました!
(3/29までの入金金額速報値で782万円!です。)

2005年度は、核燃料サイクル政策に関する国際研究プロジェクトに、約700万円の「市民研究サポート」をお寄せいただきましたので、これを含めると、全体で1,480万円ものご支援をいただいたことになります。これは、昨年度(907万円)に比べ、570万円以上の増収であり、ご支援を下さった方の人数でも、前年度の701人から2005年度は約860人に、大きく増加しました。

みなさまからのご支援に本当に感謝いたします。
助成先のみなさんには、高木基金の助成金が、これだけたくさんの方に支えられていることを、ぜひ励みにしていただきたいと思います。


ところで、懸案の認定NPO申請の件ですが・・・・
準備段階から相談に乗っていただいているシーズ(=市民活動を支える制度をつくる会)からも問い合わせをしていただいたのですが、国税庁の段階で、多数の申請が審査待ちの状態になったままのようで、申請から6ヶ月くらいは待たされるのが普通(?)なのだそうです。
高木基金が申請したのは昨年10月ですから、スムーズに行って4月、そこで何か問題が出てくると、それ以上に時間がかかる、ということのようです。
NPOへの寄付を促進し、NPOの活動を後押しするための制度であるはずですから、国税庁としても、迅速に審査を進められる体制を整備して欲しいものです。
詳しくは、シーズのウェブサイトに記事がありますのでご覧下さい。http://www.npoweb.jp/news/news_info.php?article_id=2433
なお、ここで「行列のできる国税庁では・・・」といのは、文字色何を隠そう小生のボヤキです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/89-0ce15d05