大入島埋立問題のシンポ 

助成先の山下博由さん(大入島自然史研究会)から、調査研究結果を
発表するシンポの案内が届きましたので紹介します。
3/12(日)大分県佐伯市での開催です。
お近くの方はぜひご参加下さい。

================================

皆様

大分県佐伯市大入島シンポジウムの案内です.御多忙中とは思い
ますが,ふるって御参加下さい.(転送歓迎)


大入島自然史研究会主催

シンポジウム「大入島発! 大分の豊かな里海を守ろう」

大入島自然史研究会は,2004年12月に発足し,高木仁三郎市民
科学基金の支援を受けて,2005年から大入島の自然や文化の
研究を続けています.本シンポジウムはその研究成果を報告し,
大入島石間浦の問題を考え,大分の豊かな里海を未来に伝えて
いくにはどうしたらよいかを皆で考えてみたいと思います.
皆さん,ふるって御参加下さい.

日時:2006年3月12日(日) 午後1時~5時30分
会場:佐伯文化会館(大分県佐伯市大手町1丁目1-1 
    電話0972-22-6111)
参加費:無料(カンパ歓迎!)
主催:大入島自然史研究会
共催:佐伯の自然を守る会
後援:高木仁三郎市民科学基金,環瀬戸内海会議
問合せ:大入島自然史研究会(下川:090-4993-1387) 


プログラム

12:30 開場
13:00 開会
13:00-13:15 「大入島自然史研究会の設立と活動の経緯」 
    大入島自然史研究会
13:15-14:00 基調講演「大入島石間浦の海藻相 大分の里海を守る
    ための提言」新井章吾(海藻研究所)
14:00-15:00 「石間浦の海岸動物 その特性と重要性」 
    山下博由(貝類保全研究会)
15:15-16:00 「石間浦の「磯草」利用の実態」 
    池口明子(名古屋産業大学)
16:00-16:30 「大入島訴訟が日本の現代社会に語ること」 
    田中利武(大入島訴訟弁護団)
16:30-17:30 総合討論「磯草の権利は住民の権利」 
    住民からの発言:清家サダ子(佐伯の自然を守る会)
    参加者・住民の皆様による自由な発言により,石間浦・
    大分の里海の未来を考えましょう.

18:30~ 懇親会(佐伯市内)

佐伯文化会館地図:
http://www.mapion.co.jp/c/f?el=131/54/07024&scl=70000&uc=1&grp=AOL&nl=32/57/24.689&BT1=&BT2=&enc=sjis


山下博由
貝類保全研究会 Yamashitayou@aol.com
*個人宛メールはなるべく,wildsea@almond.ocn.ne.jpにも同時に送って下さい.



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/82-6fa823fe