気分転換 


仕事柄、毎日、どこに行くときもノートパソコンを持ち歩いています。
そこから必然的に、パソコンのはいるディパックを担いで歩くことが習慣になっていました。

先週は、たまたまスーツで出歩く用事があったので、久しぶりに、アタッシュケースにパソコンを入れて、手に提げて歩いてみたのですが、世界が違って見えることに気がつきました。

大げさなことではないのですが、デイパックを背負って歩くと、どうしても少し前屈みになりますね。一方、重いアタッシュケースを手に提げて歩くと、自然に胸を張って、背筋をしめるような姿勢になります。前屈みの姿勢から、背筋を伸ばした姿勢になるのは、気分的にずいぶん違います。精神的に前向きになるような気さえするものです。

重いパソコンと資料を抱えて歩くには、たしかにデイパックで背負うのが合理的なのですが、通勤にしろ、仕事での移動にしろ、実際には電車などの交通機関に「乗っている」時間の方が多いですね。
そうすると、手を離しても自立するアタッシュケースの方が、かえって楽だったりします。

最近とみに運動不足の菅波としては、荷物を手に持って歩く時の、上腕にかかる適度な負荷が、ちょっとしたウェイトトレーニングのような気分になって、少しは控えようかと思っていた毎晩のビールを正当化する言い訳になったりしています。
これが良いことか悪いことか、微妙なところですが、気持ちが前向きになるのは良いことだと、都合の良い解釈をしています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/65-8aabc47c