「日韓共同干潟調査団」が「日韓国際環境賞」を受賞!! 


毎日新聞社と朝鮮日報社の共催による「第11回日韓国際環境賞」の
日本側の受賞者として、「日韓共同干潟調査団」が選ばれました。

高木基金が第2回助成で支援した「沈黙の干潟:私たちは何を食べるのか?-ハマグリを通して見る日本と韓国の食と海の未来-」は、日韓共同干潟調査団の活動の一環として取り組まれたものです。

また、第4回助成の「諫早湾干拓事業に伴う「有明海異変」に関する保全生態学的研究」の佐藤慎一さんも、日韓共同干潟調査団の中心メンバーの一人です。

この調査そのものは、トヨタ財団の助成を受けて実施されたものですが、高木基金も(少額でしたが)応援した取り組みであり、このようなかたちで調査の重要性が認められたことはうれしい限りです。

10/30付けの毎日新聞朝刊で大きく報道されましたが、下記のwebサイトでも記事を読むことができます。
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/env/news/20051030ddm010040065000c.html

「日韓共同干潟調査団」のみなさま、おめでとうございました。
この受賞が、日本と韓国の干潟環境の破壊を食い止め、保全への道筋を切り開くきっかけになるように、今後ますますのご活躍を期待しております。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/51-136e9667