上関原発関連 緊急情報 

下記は、長島の自然を守る会の高島美登里さんからの緊急情報です。
直接の連絡先をお知りになりたい方は、高木基金にお問い合わせ下さい。

=============================

みなさまへ

長島の自然をまもる会の高島美登里です。
上関原発情報と緊急のお願いです。
11月29日、反原発3団体が申し入れしました。
(高島は仕事で欠席)
県商工労働部の見解は担当部局が各関係法令を許認可するに
任せるというまったく主体性のないものだったようです。
*関係法令と許可までの標準処理日数は以下のとおり
 一般粉じん発生設置届け・・・工事着手前までに届出
 自然公園普通地域内における行為の届出
 ・・・行為30日前までに届出
 火薬類消費許可・・・10日
 農地の転用許可・一時転用許可・・・42日
 保安林内作業許可・立木伐採届・・・19日
 一般海域の占用許可・・・本庁決裁33日
          ・・・出先決裁20日
 建築確認・・・21日
 土木工事のための発掘に関する届出 
 ・・・着工60日前までに届出

1.署名の早期提出が必要!!
 以上の情勢から詳細調査を許認可するなという県あて署名は
 12月中旬にも提出しなければならない状況です。
 すみませんが、お手元の署名を至急お送り下さるようお願いします。
2.詳細調査着手前の環境確認に協力を!!
 私たちは最大限、抵抗してきましたが、年明けにも手をつけることが予想されま
す。
 最悪の事態も予測した対応を準備せざるを得ません。
 これまで生物調査はしてきましたが、海水汚濁・音波・振動などが
 生物に与える影響についてのデータがありません。
 お知恵を拝借できれば助かります。
 また、
 ()調査前の海水組成・汚濁状況などの測定方法・器材・スタッフetc.
    協力いただける方・団体はありませんでしょうか?
    音波がスナメリに与える影響も心配です。
 ()森林伐採が海域に与える影響についての有効な監視方法を
    教えていただけると助かります。
3.神社地も危険?
 神社林の伐採についても、県は申し入れの経過から判断すれば
 許認可すると思われ、中電が譲渡契約無効&入会権を求めた裁判
 (隣接する共有地は一審で入会権が認められた)
 の証拠隠しに、伐採を急ぐことも予想され、予断を許しません。

高島美登里(長島の自然を守る会代表)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/5-ffc89de1

上関原発共有地訴訟

 広島高裁は入会権・所有権移転登記共に上関原発推進派の主張を認めたが、疑問がある。 入会権の時効だが、その土地に植生している植物を取って利用する権利だから、必要な時にしか利用しない性質のものだ。燃料事情が変わり燃料として常時は利用しなくても、キャンプ・た