上関 今後の闘い 


上関原発予定地で、中国電力による海域での詳細調査が強行されましたが、
これについて、長島の自然を守る会の高島さんからのメールを転載します。
高島さんからは、

「あの美しい海に台船が居座ったと思うと、悔しくて涙が出そうになりますが
 歯を食いしばって頑張ります。
 遠くない日に、笑い合えるために・・・」
 
とのコメントがありました。下記の情報は転送・転載歓迎とのことでした。

=================================
発信 : "Midori Takashima"
宛先 : 日時 : Thu, 23 Jun 2005 22:20:35 +0900
題名 : 上関原発詳細調査速報と今後の闘いについて
=================================

皆様へ

長島の自然を守る会の高島美登里です。

上関原発海域詳細調査は、地元祝島のまさに身体を張った闘いで、
3日間、開始を中止させることができました。
6月20日から3日間、山戸組合長、清水町議をはじめ、漁船40隻は夜を
徹して台船を取り囲み、突破しようとする中電側の船を阻止し続けました。
女性陣は陸からシュプレヒコールと、炊き出しで水上部隊を支えました。
また、地元・原水禁・市民ネット・守る会なども陸からの支援に集結しました。
22日には、台船ヘの乗船を強行した中電社員を阻止するため、山戸さんはじめ
数名が台船に乗り移り、調査を中止させ、監視員を残して引き上げさせることが
できました。
23日、再び作業開始を阻止するため、山戸さんや女性漁師さんは台船にロープ
で身体をくくりつけ、清水さんは、高さ15mのやぐらの天辺によじ登り、抵抗。
中電は23日の作業中止を宣言し、双方、現場から引き上げました。
その後、祝島は対策を協議し、島民も心身の限界に来ているとして
明日の抗議行動はしない方針を決定されたそうです。

先ほど、山戸さんとお話しましたが、今後もさまざまな抵抗戦術を組まれるとの
ことでした。

私たちも、
(1)6月20日に、県への調査中止指示を要請する申し入れ
(2)3日間、微力ながら、陸上から、支援のエールを送る
闘いに参加しました。
特に、県への申し入れでは、希少生物に対する中電のアセス不備を追及すると
担当者が泣きそうな顔で、鸚鵡返しの返答を繰り返す場面が続き、県の矛盾が明ら
かになると共に、上部からかなりの圧力がかかっている様子が見て取れました。

今後の闘いについて、お願いです。
1.祝島漁協へ
  多数の方から、支援カンパの申し出がありました。
  山戸さんに意向をお尋ねしたところ、有難く頂きたいとのことでした。
  闘いに参加する組合員の油代に使いたいとのことです。

  *振込先:上関原発を建てさせない祝島島民の会 
       郵便振替01390-4-67782 
   祝島漁協  山口県熊毛郡上関町祝島
   TEL0820-66-2121 FAX0820-66-2138

2.長島の自然を守る会から
(1)長島フィ―ルドガイドの普及
 現地の生態系の素晴らしさを幅広く訴えることで、より世論を盛り上げたいと
 考えています。
 1部 100円です。是非、購入し、ご活用をお願いします。

(2)現地視察の受け入れ
 残念ながら、中電は明日から海域詳細調査に着手すると思われます。
 しかし、海域は陸域と違い、我々が近くで視察することができます。
 中電への牽制の意味も含め、現地視察にお出で頂ければ有難いです。
 その際は、船の手配などありますので、できるだけ早めにお申込み下さい。

(3)生態系調査の継続
 私達守る会の使命は、調査・記録し続けることにあると考えています。
 詳細調査の影響も含め、科学的な調査結果を元に、中電を追及し続けねばなりません。
 早速、6月26日は、以下の教室を開催します。
 参加頂ける方は、至急、ご連絡を!!

 きのこの季節は秋と思いがちですが、夏は秋に次いできのこが多く発生する時期です。 
 きのこの生態に詳しい山田詳生さんに、きのこの奥深い世界を案内していただきます。
 お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日 時 2005年6月26日(日) 9:30~11:30 

上関町公民館にて講義

田ノ浦「つどいの場」へ移動し、昼食

13:30~15:30 田ノ浦にてきのこ観察会(小雨決行)

〔持参する物〕

昼食・飲み物・帽子・軍手・タオルなど。山歩きに適した服装・長靴(マムシ対策)。

きのこ採取の道具(根堀、紙袋、かご)あれば、きのこ図鑑。

〔参加費〕

資料代500円。「つどいの場」使用料として200円徴収させていただきます。

★申し込み先★ 申込み締め切りは6月25日(木)

高島美登里;090(9464)6353

E-mail midori.t@crocus.ocn.ne.jp

コメント

何故、反原発は選挙で勝てない?

上関町では、反原発が市民の大部分の意見のように言われていますが、それじゃー何故、選挙で反原発派は勝ったためしがないんでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/42-e0edd49b

転載:上関原発詳細調査速報と今後の闘いについて(長島の自然を守る会・高島美登里)

長島の自然を守る会の高島美登里さんのメール報告(高木基金事務局 時々通信)を転載。