国内枠の助成募集を開始しました(〆切 12/10) 

事務局の菅波です。

高木基金は、2012年度の国内枠の助成募集を開始しました。
詳細は、ウェブサイトに掲載していますが、こちらにも情報をはりつけて
おきます。

==========================【転載歓迎】


~~ 高木基金 助成募集のお知らせ (受付期間:11/1-12/10)  ~~

       ・調査研究助成  助成総額 650万円
       ・研修奨励    助成総額 150万円

~~ 募集要項 http://www.takagifund.org/apply/data/yoko_2012.pdf ~

高木仁三郎市民科学基金は、生涯をかけて、原子力時代の一日も早い終焉を
めざし、「市民科学」に力を尽くした故高木仁三郎の遺志に基づき、「市民
科学者」を志す市民やグループへの助成を行います。

「市民科学」とは、現代の科学技術が、市民の生命・安全や、地球環境を脅
かすに至っていることへの危機感と、多くの科学者や研究者が、このような
問題に正面から取り組んできたとは言えず、社会的な責任を十分に果たして
いないという問題意識から出発しています。

2011年 3月11日の東日本大震災で発生した東京電力福島原発事故は、現代の
科学技術がはらむ脅威の大きさ、深刻さと、科学者や研究者のあり方に関わ
る問題を浮き彫りにしました。

「市民科学」が取り組むべき課題は、核・原子力に限らず、私たちを脅かす
多岐の問題にわたります。それぞれの問題の現場で、市民が自ら学び、専門
性を高め、問題の解明に主体的に関与していくことが重要だと考えています。

なお、調査研究助成については、助成の対象を従来より拡大し、市民科学に
ふさわしい調査研究、一次情報の収集、分析、映像等による記録、情報発信、
それらに基づく政策提言やキャンペーン活動に関わる諸費用を助成すること
とし、人件費やグループの運営経費に助成金を充当するかたちでの応募も可
能としました。

高木基金のめざすもの、市民科学の考え方や、これまでの助成先の研究成果
などは、高木基金のウェブサイト http://www.takagifund.org に掲載して
いますので、ぜひご覧下さい。

また、高木基金では、正式の応募の前に、電話やメール、あるいは面談で、
応募案件についての「事前相談」を受け付けています。

「このテーマで助成の対象となるか」「申込書にはどの様に調査計画を記載
すればよいのか」など、応募に関する質問全般にお答えしていますので、お
気軽に高木基金事務局 info@takagifund.org までお問い合わせ下さい。

みなさまからの意欲的な助成応募をお待ちしております。


      ------------------------------------------
      特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金
 
      〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
        TEL/FAX  03-3358-7064 
        事務局携帯 070-5074-5985 
        URL   http://www.takagifund.org
         E-mail info@takagifund.org

      郵便振替口座 00140-6-603393
      -------------------------------------------

※ 高木基金の助成財源は、一般の方からの会費や寄付に支えられています。
  高木基金は認定NPO法人として承認されており、高木基金への会費や
  寄付には、寄附金控除が適用されます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/300-e1963dfe