【シンポジウム】6/4 (土) これからの「未来」の話をしよう! 

事務局の村上です。

3月11日の大震災による福島原発事故を受けて、
「脱原発と自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を実現させること」
を目指すネットワーク団体ができました。
http://e-shift.org/?page_id=19

そして、6月4日(土)には、シンポジウム『~これからの「未来」の話をしよう!
自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!~』が開催されます。

以下、プログラムの一部のみ掲載します。シンポジウム内容の詳細・申込みは
こちらからご覧ください。http://e-shift.org/?p=473

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム
~これからの「未来」の話をしよう!
自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!~
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【日 時】2011年6月4日(土) 12:00 開場/12:30 開会/20:00 閉会(予定)

【会 場】国立オリンピック記念青少年総合センター
     カルチャー棟 大ホール(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
【参加費】1,000円(資料代)

【申込み】会場の関係で事前登録をお願いします。こちらからご登録ください。

【プログラム】
本シンポジウムでは、自然エネルギーを主流化するための政策を提案し、
議論するための5つのセッションをお届けします。

●セッション1 「福島現地からの訴え」
●セッション2 「私たちのエネシフト宣言」
●セッション3 「私たちはエネシフト実現にむけて何ができるか」
●エネシフ・ミニコンサート
 生田卍&So-So、AQUA
●セッション4 「エネシフ・素朴な疑問大会」
●セッション5 「未来にむけての話をしよう」
●エンディング IZANAI踊り

【主催】A SEED JAPAN、FoE Japan、環境エネルギー政策研究所、気候ネットワーク、
原水爆禁止日本国民会議、全国労働安全衛生センター連絡会議、ふぇみん婦人民主クラブ、
水源連、大地を守る会、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、ピースボート、
ナマケモノ倶楽部、脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(略称:eシフト)

【問合せ】国際環境NGO FoE Japan内(担当:吉田)
Tel: 03-6907―7217 Fax: 03-6907-7219

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/291-ee3082e0