国内枠の応募状況 


事務局の菅波です。

いよいよ今年も残すところ、あとわずかになりました。

先日、高木基金のお知らせメールでも流した情報ですが、今回、募集を行った
来年度の国内枠の助成応募状況をこちらに掲載しておきます。

今回の募集では、合計 52件、総額 3,845万円の応募がありました。

 応募者の内訳は、以下の通りです。
 
 ・調査研究助成(一般応募) 37件 応募総額 26,498,000円
 ・調査研究助成(継続応募) 9件  同   7,733,900円 
 ・研修奨励           6件  同   4,220,000円

ここで、調査研究助成の「継続応募」は、過去に高木基金から2回以上の助成を
受けた実績のある方からの応募で、「一般応募」は、それ以外の方からの応募と
いう分類です。

今回、はじめて高木基金に応募された方も多く、応募のテーマも幅広い分野に
わたっています。高木基金の目指す市民科学は、研究分野を限定するものでは
ありませんので、様々な分野から、そして新しい応募者の方々が、市民科学を
目指して応募して下さることは、事務局としてもとても嬉しいことです。

今後、選考委員による書類選考をすすめ、最終的に来年3月下旬頃までに助成先
を決定する予定です。

調査研究助成については、来年3月12日(土)に、都内で、「公開プレゼン
テーション」を行い、書類選考を通過した方に、調査研究計画を発表して
いただきます。この場での発表や質疑応答の内容などもふまえて、最終的に
助成先を決定することにしています。

公開プレゼンテーションの会場などの詳細は、確定次第、あらためてお知らせ
します。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/260-17c3009c