10/16 カネミ油症東京大集会に参加して 


事務局の菅波です。

先週の土曜日に、都内で開催された「カネミ油症東京大集会」に参加してきました。
集会には、長崎県の五島などから、被害者の方10名が参加し、今も(そしてこれからも)
つづく油症被害の苦しみを切実に語り、国に対して、早期の救済対策実施を求めました。

ダイオキシン類を直接食事から摂取し、それによって、次世代にまで深刻な被害を及ぼ
したカネミ油症問題の重さを再認識しました。会場には140人もの参加者が詰めかけ、
被害者のみなさんの訴えに耳を傾けました。

菅波は、高木基金として、カネミ油症被害者支援センター(YSC)のみなさんの被害
者への聞き取り調査を助成したことを紹介し、この取り組みが、市民科学のモデルであ
り、他の多くの問題に取り組む人たちにも、貴重な教訓をもたらしたものだと言うこと
を述べました。

そこまでは良いのですが・・・今回の集会に参加して、大変驚き、憤りを覚えたことが
あります。それは、2007年に与党(当時の自民・公明)の救済勧告を受けて、厚生労働
省が実施した「油症患者に係る健康実態調査」についてです。今回の集会で、YSCの
みなさんが、これに関する「検証報告書」<中間報告版>を配布しました。その前書き
から、なぜこの「検証報告書」を出さなければならなかったか、を紹介します。

「(前略)2010年3月31日に発表された・・・「油症患者に係る健康実態調査結果の報告」
 の内容は、「解析」に値しない単なる「集計」にとどまり極めて不十分なものであっ
 た。第三章で詳しく述べるが、「家族の死因など」「出産異常など」「こどもや孫に
 ついて」などの集計すらされていない。これらは油症の実態を把握するためには欠か
 せない項目の筈である。そしてなによりも欠けているのは設問の随所にある「記載欄」
 (これまでにかかったことのある病気、妊娠・出産に関する異常、お子さんやお孫さ
 んに関する設問等)や巻末の「自由記載欄」の分析である。・・・プライバシーへの配
 慮や公表にあたっての認識の差異がなどを理由に主な内容の記載だけにとどめたとあ
 るが、内容を変えずに個人が特定されないようにする方法はあり、また、油症被害者
 の40余年にわたる、思い出したくもない苦痛に満ちた体験の中から絞り出された生の
 声であるから、たとえ一例だけであったとしても、それは貴重な情報ととらえるべき
 であり、「その他」の中に埋もれさせてはならない。」

今回の健康実態調査には、調査対象1,420人のうち、1,131人が回答したにもかかわらず、
厚生労働省は、このせっかくの回答を、きわめて曖昧な「集計」にとどめ、油症被害の
実態から目を背けようとしているのではないかとの思いから、YSCのみなさんは、
「被害者自身の判断で」YSCに提出された調査と同様の内容のデータを約200名から
受け取り、切実な被害の実像を浮き彫りにした「検証報告書<中間報告版>」を作成
したのです。

厚労省側の姿勢は、極めて不誠実なものだと思います。また、YSCのみなさんがまと
めた「検証報告書」は、国側の怠慢を厳しく糺すもので、YSCのみなさんの熱意と、
被害者のみなさんとの信頼関係があったからこそできた、大変貴重なものだと思いまし
た。

この「検証報告書」は、まだ中間報告とのことで、YSCのみなさんは引き続き分析を
すすめ、国側に対して、健康実態調査報告の問題性を訴えていくとともに、被害者救済
を求めていくとのことです。

YSCのみなさんの取り組みに、あらためて敬意を表したいと思います。そして、この
問題の今後の経過を含め、「市民科学」のあり方を考える上での重要な実践であり、教
訓として、自分自身、学んでいきたいと思っています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/247-d4936951