CBD賞の「衝撃」 

 事務局の菅波です。8月も終わりに近づき、朝夕には、秋の訪れを
感じることも(ときどき)ありますが、昼間の暑さは相変わらずで、
さすがにうんざりですね。

 実はこの週末、短期間ですが、韓国に行ってきました。菅波は、高木
基金の仕事とは別に、諫早湾などの干潟・湿地の保全活動にかかわっ
ていますが、今回は、韓国で同じように活動しているNGOのメンバーと、
10月に名古屋で開催される生物多様性条約(CBD)COP10へのNG
Oとしての取り組みについての打ち合わせと、現在、韓国で大問題となっ
ている、四大河川開発事業の現場視察が目的でした。

 この四大河川開発は、韓国の主要な4つの大河川に、合計20ヶ所
ものダムを建設し、各河川の河床や河川敷から、合計河道5億トン以上
の土砂を浚渫するもので、すでに工事が大々的に進められ、希少な動植
物の生息地が根こそぎ掘り返されるなど、自然環境に大きなダメージが
生じています。

 それだけでも重大な問題なのですが、先週の24日に、驚くべき「事件」
が起こりました。
 CBD事務局は、「グリーン経済と持続的な成長を目指す主要な方策
として、生物多様性の保全と持続的な利用を位置づけたことへの傑出し
た貢献と関与」があったとして、この四大河川開発を強力に(強引に)
推進している韓国のイミョンバク大統領に対して、CBD賞を贈ったの
です。これは悪いたとえかもしれませんが、アメリカのブッシュ元大統
領にノーベル平和賞を贈ると言ったら、だれもが「そんなバカな」と
言うと思いますが、干潟や湿地の保全にかかわり、特に韓国の四大河川
事業の問題を知るものにとって、イミョンバク大統領は、CBD事務局
から表彰される対象として、最もふさわしくない人物です。

 もともと、イミョンバク大統領は、この四大河川開発事業を、「人と
自然の共生」とか「グリーン成長」という美しい言葉で「飾って」きま
した(実際には、全くの正反対です)。今回のCBD賞が、「グリーン」
と称した開発事業による生物多様性の危機を加速させてしまうのでは
ないか、大変心配です。
 この問題については、菅波も事務局の一人として活動している
ラムサール・ネットワーク日本のサイトに関連情報等が掲載されて
いますのでご覧下さい。

CBD事務局のプレスリリースもご覧下さい。未だに信じられませんが。)

-------------------------

 この8月末で、菅波が高木基金の事務局を引き受けてから、まる8年に
なりました。その当時から、諫早湾干拓の問題などにかかわり、自分たち
で情報を集め、分析し、事業主体である農水省と交渉したり、国会議員に
訴えたりと、いろいろな活動をしてきました。

 高木基金の事務局は、「市民科学」を助成し、応援する側の仕事ですが、
菅波自身は、干潟の保全などの問題について、自分自身が「市民科学」を
めざす気持ちを持ち続けてきました。助成財団などの役割は、「中間支援」
などと呼ばれますが、「中間」だけしか知らないと、問題の「現場」のこ
とがわからなくなります。
 もちろん、助成する側のトレーニングのために諫早にかかわっている
わけではなく、諫早の問題の解決を自分の問題として、かかわっている
のですが、今後も、自分自身が問題の現場にかかわり、「市民科学」を
めざすスタンスは貫いていくつもりです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/234-1d714caf