昨年はご支援ありがとうございました。 

新年あけましておめでとうございます。

昨年も、みなさまからの温かいご支援をいただき、本当に感謝しております。
経済環境は、相変わらず深紅な状況にありますが、それにもかかわらず、高木基金には、
たくさんの方が、会費や寄付を下さっています。

下記は、11月にお送りした基金だよりにも掲載したグラフですが、高木基金では、
毎月のみなさんからの入金状況を、過去数年と比較しながら、「次年度の助成金の
財源が確保できたか」、「全体の収支は赤字にならないか・・・」と、まさに祈る
ような思いで、基金の会計作業を行っています。




このグラフでご覧いただけるように、2008年度は、4月の入金が多かったことで、年度の
前半は例年より高い数字で推移しましたが、その後、やや伸び悩み、10月には前年を
下回る状況になっておりました。

11月に、基金だよりをお送りし、みなさまにご支援をお願いしたところ、11月時点で
前年に追いつき、12月には、前年を上回るペースになってきました。

さらに重要なことは、一人あたりの支援金額が上昇していることなのです。
12/29日までの支援人数は、2007年度と2008年度でほぼ同じ(正確には若干の減少)です。
つまり、一人あたりの支援金額が増えていることで、全体の支援額が、前年度を上回って
いるのです。

なお、これは、年間1万円の維持会員会費や、年間3千円の賛助会員会費など、1件の
入金金額が100万円未満のものを集計したものです。

実際には、このほかに大口のご寄付も昨年を上回るペースで寄せられており、全体の
収入金額は、1,793万円となっています。

本当に本当にありがたいことです。

新しい年も、みなさまの期待に応えられるよう、頑張っていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。


なお、2009年分の確定申告用の寄付金控除の証明書は、1月末頃に、みなさまにお送り
する予定ですので、恐れ入りますが、もう少しお待ち下さい。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/218-7e656525