選考委員の一般公募(〆切は6/30です) 

事務局の菅波です。


高木基金では、一昨年から、選考委員の一般公募を行っています。

助成金を出す団体はたくさんありますが、選考委員に公募枠を設けている
ところは多くないと思います。そのあたりも、高木基金の「市民科学」へ
のこだわりに通じるものですが、実際に、公募の選考委員に入っていただ
いたことで、理事会・選考委員会が活性化してきたことを実感しています。

さまざまな問題の現場で活動や研究の経験を積まれた方などからの応募を
期待しています。よろしくお願いいたします。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   
   【転載歓迎】


      高木基金より助成選考委員の公募のお知らせ


                      高木仁三郎市民科学基金
                       代表理事 河合 弘之

 高木基金の活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
 高木基金では、下記の通り、助成選考委員の一般公募を行いますので、
お知らせいたします。

 高木基金は、2000年10月に亡くなった高木仁三郎さんの遺産と、一般の
みなさまからの会費・寄付を財源とし、「市民科学」をめざす個人やグル
ープの調査研究および研修に対する助成を行っています。
 助成選考にあたっては、最終選考の際に、公開プレゼンテーション(一
般公開での研究計画発表会)を行い、市民の意見を取り入れ、また、助成
研究の成果についても、積極的に市民社会に還元し、市民の評価にゆだね
ることを重視しています。

 助成選考のために選考委員会を設置しておりますが、従来、選考委員の
選任に当たっては、理事会が市民科学に造詣の深い方へ就任を依頼するか
たちを取ってきました。2007年度からは、選考委員に一般公募枠を設け、
市民の立場で様々な問題に関わってこられた方などに、そのご経験に基づ
くご意見をいただくことで、市民科学にふさわしい助成選考にしていくこ
とを目指しています。

 今回募集する公募選考委員の枠は1名といたしますが、高木基金の理念
に共鳴し、選考委員の立場から、市民科学に力を注いで下さる方の積極的
な応募を期待しております。どうぞよろしくお願いいたします。

●募集内容  高木基金の助成選考委員 1名
       (現在5名のところに、1名を公募で追加するものです。)
●任  期  2年間(2011年3月末まで)
●応募資格  高木基金の理念に共鳴する方であれば、学歴、年齢、
       性別などの資格条件は定めませんが、今回の募集では、
       いわゆる「学識経験者」、「専門家」ではなく、一般
       の市民の立場で、様々な問題の現場にかかわった経験
       などをお持ちの方からの応募を期待しています。
●応募方法  次の2点の書類を高木基金事務局に郵送か電子メール
       でお送り下さい。
     1) レポート「私の考える市民科学の役割・課題・可能性」
       A4判 2頁以内で書式は自由。
     2) 履歴書(運動や調査研究等の経験を含む)
       A4判 2頁以内で書式は自由。写真を貼付して下さい。
●応募〆切  2009年6月30日(消印有効)
●選考方法  理事による書類選考および面接の後、8月末までに理事
       会で決定します。
●謝礼など  一年間の選考委員の業務全体について、謝礼5万円を
       お支払いします。
       また、選考委員会、公開プレゼンテーション、成果発表
       会への参加に要する旅費・宿泊費等は実費を支給します。

詳細は、http://www.takagifund.org/activity/2009/20090601sc.html を
ご覧いただくとともに、ご不明の点は、事務局にお気軽にお問い合わせ
下さい。
      ------------------------------------------
      特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金
 
      〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
        TEL/FAX 03-3358-7064
        URL http://www.takagifund.org
       E-mail sugenami@takagifund.org

      郵便振替口座 00140-6-603393
      -------------------------------------------

※ 高木基金の助成財源は、一般の方からの会費や寄付に支えられています。
  高木基金は認定NPO法人として承認されており、高木基金への会費や
  寄付には、寄附金控除が適用されます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/200-7d39ab9e