山口県が上関原発埋立認可の動き! 

長島の自然を守る会の高島さんから、山口県が、今日にも埋立認可の動きで
あるとの情報が入ってきました。現地の情勢は緊迫しています。

とりあえず、下記に、中国新聞の記事を転載します。

抗議のアクションなどの情報は、わかり次第お知らせします。

===============================

上関原発用地埋め立て 山口県がきょうにも免許交付 '08/10/22
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200810220123.html

 中国電力が山口県上関町で計画する原発建設に伴い、用地造成のため申請し
ていた公有水面埋め立てについて、県は二十一日、申請を認める方針を固めた。
二十二日にも、中電に埋め立て免許を交付する。中電は来年三月までに原子炉
設置許可を国に申請する方針で、原発建設への手続きは新たな段階に入る。

 申請によると、同町長島の建設予定地約三十三万平方メートルのうち、海上部
分の約十四万平方メートルを埋め立てる。敷地内の山から切り出す土砂を使い、
三年かけて造成する。

 埋め立て免許は六月に中電が県に申請。県は上関町に意見を求め、柏原重海
町長は「免許に異議はない」と回答していた。

 一方で、建設予定地に近い祝島の住民三百七十一人は反対の意見書を県に
提出。二十日には、祝島の漁業者七十四人が県を相手に、埋め立てを許可しな
いよう求める訴訟を山口地裁に起こした。

 二井関成知事は「総合的に判断する」との方針を示してきた。

 県が許可すると、中電は来年三月までに原子炉設置許可を国に申請。国の許
可を得た上で1号機を二〇一〇年度に着工し、一五年度の運転開始を目指す。
(荒木紀貴)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/187-8e4dc089