相思社から>産廃業者撤退! 

水俣病センター相思社の高島さんから、今朝、メールが来ました。

問題になっていた産廃処分場計画の事業者が撤退することになったそうです。
高木基金の助成を受けた調査研究が、産廃処分場阻止の力になったもので、同じような問題に取り組んでいる他の地域のグループなどにも、勇気を与えるものだと思います。

熊本日日新聞のサイトに、この情報の記事が掲載されていますのでぜひご覧下さい。
(登録が必要ですが無料です)

===============================
水俣市の産廃処分場、事業者撤退へ 2008年6月21日 06:26

 水俣市の山林に産業廃棄物最終処分場の建設を計画しているIWD東亜
熊本(小林景子社長、同市)が、同市に対し事業撤退の意向を伝えていたこ
とが二十日、分かった。同社が二〇〇四年に計画を表明後、水俣病を経験
した同市で大きなうねりをつくった反対運動が、計画撤回に追い込んだ形だ。
・・・・・・・・・
http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20080621200002&cid=main

熊本日日新聞のサイトはこちら:http://kumanichi.com/index.cfm

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/178-e182ca46