松野亮子さんの帰国報告会 

matsuno1.jpg 2007年11月26日に、東京四谷の主婦連合会の会議室で、2003-04年度の助成先、松野亮子さんの助成研修報告会を行いました。

 松野さんは、2002年からイギリス、ケント大学の大学院に留学し、内分泌かく乱物質の法規制を研究し、その間に、高木基金の研修奨励助成(計110万円)を受けました。実は、その助成応募の時点から、すでにイギリスにおられたため、高木基金への応募や面接の際も、事務局や理事と全くお会いしたことがありませんでした。助成期間終了後の成果発表会にも参加して頂くチャンスがありませんでしたが、今回、無事、博士課程を修了し、帰国されるという連絡がありましたので、この様な報告会を企画したものです。

matsuno2.jpg 今回は、平日(月曜日)の夜という設定になってしまったことから、参加者は、高木基金の理事、選考委員と、過去の助成先の方など、10名ほどの小さな集まりになりましたが、その分、密度の濃い議論ができました。

 松野さんの研究は、“内分泌かく乱物質の法規制”という大きなテーマであり、また、その中で、どの様に研究の論点を絞り込むか、また、ご自身が今後どの様にこの問題に関わっていくか、というところで、試行錯誤や葛藤があったようです。
matsuno3.jpg 実際、大学院の指導教官からも、博士論文の基本的な方向性について厳しい指摘を受けたこともあったそうです。今回の報告会では、高木基金の関係者の中でも、特にこの分野に精通した中下裕子さん(理事)、松崎早苗さん(松野さんの助成時には選考委員、現在は顧問)から、専門的なコメントやアドバイスがありました。(終了後、松野さんは、「留学先の論文審査より厳しかった」と漏らしておられましたが、本音だったのでしょう。)

 報告会終了後には、居酒屋に場所を移して、さら議論を深めましたが、事務局として振り返ってみると、この様な機会をもっと早く設けることができれば、留学中の研究にもプラスになったのではないかとも思いました。

 松野さん自身、この留学の経験を、具体的にどの様なかたちで今後の研究や活動につなげていくのかは、まだ結論が出ていないようですが、高木基金としては、助成の期間が終了したあとも、理事や選考委員、あるいは、他の助成先との交流を深めて頂く中で、引き続き、それぞれの分野での市民科学をめざして取り組みを続けて欲しいと思いますし、その応援をしていきたいと思っています。
 (写真はいずれも杉原信幸さん撮影)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/168-961bd028