浜岡原発>差し止め請求棄却 


浜岡原発差し止め訴訟の判決が、本日、10月26日、静岡地裁で言い渡され、住民側の訴えが棄却されました。
この問題に関しては、原子力資料情報室を中心とした原発老朽化問題研究会の研究を助成してきましたし、昨年からは、「地震と原発」研究に取り組んできました。
その中で、具体的な、原発機器の老朽化のも危険性、地震想定や耐震指針の問題性を指摘してきましたが、今日の判決はそれらをすべて無視したもので、不当といわざるを得ません。

下記に、弁護団の声明と、原子力資料情報室の声明を転記します。
判決骨子は、こちらからダウンロードできますので、あわせてご覧下さい。
http://cnic.jp/files/071026hanketsukosshi.pdf

============================

浜岡原子力発電所運転差止敗訴判決に関する弁護団声明

2007年(平成19年)10月26日

浜岡原子力発電所運転差止事件弁護団

 本日、静岡地方裁判所民事第1部(宮岡章裁判長)は、
中部電力株式会社浜岡原子力発電所1号機、2号機、3
号機および4号機の運転差止め事件について、原告の主
張を全面的に排斥する判決を言い渡した。
 この判決は、地震大国日本において原発を設置運転す
ることがいかに危険であるかについて、あえて目をつぶっ
た極めて不当な判決である。巨大な東海地震の発生が極
めて切迫していることは確実なことであり、そのとき浜
岡原発が重大な事故を起こし、原発震災、すなわち巨大
地震と原発重大事故の同時発生の状態となり、日本国民
の生命身体に重大な被害が発生したとき、裁判所はどの
ようにして責任をとるのであろうか。
 私たち原告団は、この原発震災の発生をくいとめるた
めに、今回の不当判決に屈することなく、即時に控訴し、
勝訴、原発運転差止めを勝ち取るまで戦うことを宣言する。

============================
声明
浜岡原発運転差し止め訴訟不当判決に抗議する

2007年10月26日
原子力資料情報室

 本日、静岡地方裁判所民事第1部は、原告住民の訴えを却下する
判決を下した。裁判では原告側は耐震安全性の不備や原発震災の危
険を具体的に主張したが、判決は安全評価や機器のチェックが国の
指示にしたいがって行なわれていれば、それでよしとする極めて表
面的なものであり、不当判決と言わざるを得ない。
 さらに、浅い判断と言わざるを得ない点が多数見られる。
・判決直前に明らかになった1000年周期でM9クラスの地震が起き
る可能性についても全く無視し、「十分に安全側にたった地震動予
測がされているものと認められる」としている。
・中越沖地震では同時多発的に配管類の変形や建物の亀裂などが起
きたが、判決は「同時多発的に配管類の変形や破断が発生する現実
的な可能性があるとはいえない」と現実を無視する判断を下してい
る。
・経年劣化についても、SCCがどこで発生するか分からないにもかか
わらず、また、全てが点検できるわけでもないにも係らず、点検・
検査を行い適宜交換しているから安全が確保されていると判断して
いる、など被告側の主張を鵜呑みにした判断が行なわれているとい
わざるを得ない。

 5年余にわたって原告は、想定すべき地震の規模と起こり方、地
震時の共通要因故障、施設の安全余裕性、進行している重要機器の
老朽化の危険性、膨大な同時多発故障などをめぐって主張を展開し
てきた。これは判決が言うような「抽象的に想定可能なあらゆる事
象」を主張してきたのではなく、具体的に危険性を指摘してきたの
である。
 起こりうる事象に対して、起こった場合の甚大な被害を想定し、
それを避けるという予防原則こそが、これからの人類社会の規範で
なければならないと、私たちは考える。
 この判決によって、住民・市民の生命・健康を守ることは決して
できないであろう。原告ならびに周辺住民も、これによって原発の
安全性が示されたとはとうてい言えず、原発震災を招く判決と言わ
ざるを得ない。

============================

コメント

原子力回帰の世界傾向・・・.

二酸化炭素を出さないから、やっぱり
原発がいいんじゃないか・・・という
単純な発想なのだろう。

原発の新開発をやめようとしていた国々が、
原発推進に戻ってきましたね。

ウランの価格も高騰しているって、聞きました。

小さなエネルギーで暮らせるライフ・スタイルを
めざしましょう。

柏崎の原発が動かなくても、
古い火力発電所を再稼働させなくても、
暮らせる電気の使い方を
していきましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/162-6ba0a135