終戦の日特別企画 2007 

 初めまして、高木基金事務局の吉橋と申します。

 東京・池袋の映画館「新文芸坐(URL)」で、8/4~24の間、「終戦の日特別企画 2007」と題しまして、戦争映画・社会派映画が公開されます。
 新文芸坐では、これまでも、「六ヶ所村ラプソディー」などの社会派作品や、アジア中近東の映画を集中上映することがあるため、なかなか油断できません。
 お値段も、なんと二本立てで1300円(友の会会員・シニアの方は1000円)と安いので、見たことのない作品がありましたら、この機会に触れてみてはいかがでしょうか。

 僕は、予告編がおもしろそうだった『蟻の兵隊』、『東京裁判』、『未帰還兵を追って』あたりを見ようと考えております。
 後半は、僕の愛する遠藤周作が原作の映画も上映されるので、いまから楽しみです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/154-079b5f3d