久間氏の辞任 


原爆投下を「しょうがない」と言い、
各方面から糾弾されて「説明が悪かった」「これから先は一切そういう話はしない」ととりつくろい、
野党からの罷免要求も「よくあることだ」と開き直った。

これに対して、長崎市議会は、全会一致で発言の撤回を求める意見書を決議し、
長崎市長は、久間氏と安倍首相に抗議するために上京した。
広島・長崎の被爆者団体は、抗議の座り込みで、断じて許さないという強い怒りを示した。
特に、8月9日の平和記念式典への「出入り禁止」を突きつけられたのが、強烈だったの
ではないか。

この問題が起こって、久間氏は、「核廃絶の気持ちは微動だにしていない」ときれい事を言い、
安倍首相も「核廃絶が日本の使命」などと歯の浮くようなことを述べているが、日本が
国際社会において、核廃絶をリードしていると、本当にいえるだろうか。
もちろん、被爆者団体や広島市、長崎市などの動きは世界的にも大きな役割を果たしている。
しかし、日本の自民党政権が、核廃絶に具体的に貢献しているなどとは、とうてい認められ
ない。

本当に核廃絶に必要なことは、アメリカの核抑止論にブレーキをかけることであり、
北朝鮮を引き合いにし、日本はアメリカによる核抑止の恩恵を受けている、などという
矛盾した政治姿勢を根本から改めるべきである。

被爆者団体の久間氏への糾弾は、大臣辞任のみならず、議員辞職である。
それも当然といえるが、もし、本当に久間氏がこの事態で懲りたというのなら、
お得意の爆弾発言で、アメリカの原爆投下、核抑止、大量破壊兵器の使用などを徹底的に
批判してはどうか。
それで差し違えるならば、政治家としても本望ではないだろうか。

コメント

さざなみさんへ

紹介のあった、『原爆を落としてくれてありがとう』のHPを見ました。不謹慎な発言だとは思いますが、どの様な言葉をかけて良いか、難しいですね。正面から意見しても逆効果のように思いました。

こんなにもあった、『原爆を落としてくれてありがとう』のHP!

以下のサイトでも、『原爆を落としてくれてありがとう』と言っております。
 これらのサイトの管理人も、久間氏に倣い、責任を取るべきだと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/night_flight_might/7107303.html

http://f16.aaa.livedoor.jp/~robo/zakki/zakki06-08.htm

中国も非難すべし!

 ついでに中国の核開発にも、非難をして下さい!
 日本の政治家って、何故か中国には文句言わないから・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/140-5168a866