もう一度、島耕作について 


先日、「島耕作」で、高速増殖炉を持ち上げる話が始まったことを取り上げましたが、
注目の第二回目は、高速増殖炉やらもんじゅの話は特になく、登場人物がそろって
ゴルフをして、小料理屋の女将が、島耕作に意味ありげな一言を言って、それでおしまい
でした。
前回の小生のコメントでは、現実の高速増殖炉ビジネスの生臭いところにまで、島耕作が
踏み込むのではないかという、やや先回りしたものでしたが、やはり過剰反応だったの
かもしれません。

逆に言うと、もんじゅも、高速増殖炉も、島耕作のストーリーの中では小道具に過ぎない
ということなのでしょう。となると、推進側の宣伝文句を鵜呑みにしたかたちであったこと
が、なおさら残念です。島耕作の初芝電産が電力ビジネスに参入するのは、時代の流れと
しても、おかしくないと思いますが、それがよりによって高速増殖炉とは・・・・。
LNGでも、火力発電のCO2排出抑制技術でも、あるいは燃料電池や太陽光パネルでも、
いくらでもまともなネタはあったはずだと思うのですけどねぇ。

どうなることか、しばらくは、目が離せない感じです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/134-6606fbeb