助成先 丸浜さんから>杉並の原水禁運動 


2006年度の助成先、丸浜 江里子さんからの情報です。
あさって3/30(金)に、杉並区高井戸での研究会で助成研究の成果を発表されるそうです。お近くの方はぜひご参加下さい。

================================

 <安井資料研究会のご案内
    -杉並の原水禁運動・社会教育と女性に注目して->

 色とりどりの春の花が美しい季節となりました。お元気にお過ごしのことと思
います。東京・杉並の安井研究会のご案内です。
杉並では、アメリカのビキニ環礁水爆実験・第五福竜丸被爆(1954年3月1日)をき
っかけに原水爆禁止署名運動が胎動。そのリーダーであった安井郁(法政大学教
授、原水爆禁止日本協議会<初代>理事長)が杉並区立公民館長であったこともあ
り、母親たちの学習会(杉の子会)や公民館活動との結びつきが注目されてきま
した。安井家には、安井郁・田鶴子夫妻の貴重な資料が保存され、その掘り起こ
しとデータ・ベース化の作業(原水禁運動=安井家資料研究会)が開始されて2
年余りとなります。
 私は、資料整理に参加させていただき、その資料のすばらしさに驚いています。
このたび、安井資料、杉並区資料等をもとに、「なぜ杉並で原水爆禁止運動が広
がったのか-社会教育と女性に注目して-」というテーマで、戦前にさかのぼり、
杉並原水禁運動の前史について論文を書きました。今後、1954年以降の運動に研
究をつなげていくつもりです。まだ研究途上ですが、お聞きただき、ご批判いた
だけたら幸いです。
 当日は第127回(3月定例)TOAFAEC 研究会と合同の研究会です。
 小林文人先生からは公民館・社会教育について触れられると思いますので、社
会教育、杉並の特色という点でも話が深まると思います。
 年度末ご多忙の時期ですが、どうぞ、ご参加下さいますようおしらせします。
          記            
日時:3月30日(金)18:30 ~20:30
内容:なぜ杉並で原水爆禁止運動が広がったのか
       -社会教育と女性に注目して-
報告:丸浜江里子
会場:杉並区高井戸地域区民センター第5集会室
   (京王井頭線「高井戸」駅下車、環八を渡ってすぐ、徒歩3分
    「地域と教育を考える会」の名称で会場予約)
交流会:「イーストビレッジ」(移動3分)TFL 03-5346-2077
連絡先:丸浜江里子 03-3331-4533  
メール:e-maruha@jcom.home.ne.jp

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/132-100cd7f5