長島の自然を守る会>10/14 東京シンポ 


 長島の自然を守る会が、高木基金の助成を受けて制作したビデオ「瀬戸内の原風景・長島」の発表会を兼ねたシンポジウムが、10/14(土)に、東京新宿のカタログハウスセミナーホールで開催されました。

 この企画は、長島の自然を守る会が主催し、高木基金や原子力資料情報室、ふぇみん婦人民主クラブ、環瀬戸内海会議、WWFジャパンなどが協賛するかたちで開催されました。
 高木基金としては、地域で活動している助成先が、東京でアピールする場を設けると言うことですから、特にシンポの事務局的なかたちで応援しました。

 当日の参加者は約75名でした。ビデオ上映だけでなく、研究者からの発表も写真などが多く、初めての方にもわかりやすい企画だったと思います。特に、今回は、幅広い協賛団体から、参加の呼びかけをしたことで、参加者の幅も広がったように感じました。
 
 それにしても、豊かな自然が残され、スナメリが生きる海は、人間にとっても「ちゃんと魚の捕れる海」に他なりません。海でちゃんと魚が捕れると言うことが、どれほど大切なことなのかと言うことを、最近痛感しています。それに引き替え、今計画されている原発が必要なのか、また、誰にとって必要なのか、という問題だと思います。

 例によって、シンポの終了後は近くの居酒屋での二次会でした。報告した研究者の方々も、二次会まで参加してくださいましたが、研究者のみなさんもこの問題を何とかしようと、本気で頑張ってくださっていることがよく分かりました。
 ある研究者の方は、「高木基金には、設立の時に1万円寄付したけれど、もう長島の調査で30万円以上返してもらった。」と笑っておられました。実体としては、調査の交通費などが実費として支払われているだけですから、「返してもらった」という表現はおかしいですし、それに伴う自己負担も増えているに違いないのですが、高木基金の助成研究に、喜んで参加していただけるというのは本当にありがたいこだと思いました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagifund.blog2.fc2.com/tb.php/107-de2aa31f