【セミナー】6/19 輸出される危険:アジアの原発開発への日本の関与 

事務局の村上です。

高木基金の2007年度の助成先でもあるメコン・ウォッチが6月19日に
開催するセミナーのお知らせです。アジアでの原発開発と日本の関与
についてのお話を聞くことができます。

(*)2007年度にメコン・ウォッチが実施した調査研究は「メコン河支流
におけるベトナムのダム開発と国境を越えたカンボジアへの環境社会
影響に関する調査研究」です。

(以下、転載)
===============================================================
セミナー
輸出される危険:アジアの原発開発への日本の関与
2011年6月19日(日)13:30~16:45 総評会館201号室
http://www.mekongwatch.org/events/lecture01/seminar20110619_01.html
===============================================================

東日本大震災をきっかけとして福島第一原子力発電所の事故が起こり、未だに
収束の目途すら立っていません。このような状況下でも、日本政府は、原発輸
出第一号となるベトナム政府との手続きを進めています。福島の悲劇は、今、
輸出されようとしているのです。それに対し、アジアの人々から大きな反対の
声が上がっています。

メコン・ウォッチは1993年の設立以来、メコン圏の豊かさを脅かす開発に警鐘
をならし、日本政府や国際開発機関への政策提言を通して、大規模開発が引き
起こす環境・社会問題を予防・改善するべく活動してきました。本セミナーでは、
ゲストをお招きし、アジアの原発輸出やその背景、日本政府の関与などについて
報告していただきます。

■日時  2011年6月19日(日)13:30~16:45(開場:13:15)
(ただし15:45~16:45はメコン・ウォッチ会員総会)

会場 総評会館  201号室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 
http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html

■講演内容(予定)
・伴英幸(原子力資料情報室)
「アジアの原子力開発の現状と原発輸出の背景」
 アジアでは積極的な原発計画があるようにみえるが、実は中国とインドを除い
てはその状況は流動的。これに対し日米連合、ロシア、フランス、韓国といった
国々が積極的に働きかけている。その輸出競争の現状と、原発のないアジアを
目指す市民の連携について報告する。

・清水規子(国際環境NGO FoE Japan)
「日本政府の原子力技術輸出と金融機関」
 新成長戦略の中でパッケージ型インフラの輸出を打ち出した日本政府は、国際
協力銀行(JBIC)などを通じて原子力発電所の輸出体制の強化に乗り出していた。
今までの経緯と現状について報告する。

・土井利幸(メコン・ウォッチ)
「まぼろしの電力需要と原発開発~国家電力開発計画を疑いはじめたタイの市民たち」
 原発であれダムであれ、将来の電力需要予測を基に建設が計画されるわけだが、
もし電力需要が過剰に見積もられていたら?本当に電気は足りないのか?国家
電力開発計画を批判的に分析しようとするタイ市民の試みからは、日本の私たち
が学ぶ点も多い。

※講演内容については変更の可能性があります。
※会員総会では、メコン流域国の開発問題を巡るメコン・ウォッチの活動を報告
します。会員以外の方も、ぜひお気軽にご参加ください。

■参加費  1,000円(メコン・ウォッチ会員は無料) 要申込
■定員  80名
■申込先 下記ウェブの「申込フォーム」からお申込み下さい。
http://www.mekongwatch.org/events/lecture01/seminar20110619_01.html

■主催 メコン・ウォッチ
■協力 国際環境NGO FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)

■問い合せ先 特定非営利活動法人メコン・ウォッチ(木口)
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2階
E-mail: info@mekongwatch.org

以上です。

【シンポジウム】6/11 福島第一原子力発電所の事故を通して、世界のエネルギー・環境問題を考える 

事務局の村上です。

今週末に迫りましたが、関東弁護士会連合会と日本弁護士連合会が主催する
シンポジウムのお知らせを転載します。

********************************
●シンポジウム

「福島第一原子力発電所の事故を通して、世界のエネルギー・環境問題を考える」
 http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/110611.html
本年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及びこの地震によって引き起こされた
大津波により,東京電力福島第一原子力発電所は,国際原子力事象評価尺度(INES)
の事故レベル7という深刻な状況に陥り,現在も事態の収束に向けた作業が懸命に続け
られています。

今回の事故は,私たちに原子力発電,エネルギー・環境政策のあり方などについて,
多くの問題を提起しています。

そこで,本シンポジウムでは,様々な立場のパネリストをお招きし,①原発問題,
②低炭素社会に向けた再生可能エネルギーの可能性等について,諸外国の事例など
の報告を交えながら広く討論を行います。

持続可能な社会の構築に向けたエネルギー・環境政策のあり方を考える機会として,
多くの皆様のご参加をお待ちしています。

■日時 2011年6月11日(土)
■午後1時30分~午後4時30分(開場:午後1時)

■場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」BC
 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3
 ◆地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線
 「霞ヶ関」駅 B1-b 出口(弁護士会館地下1階に直結)
 ◆地下鉄有楽町線「桜田門」駅 5番出口から徒歩8分
 ◆JR山手線「有楽町」駅 から徒歩15分
参加無料

内容(予定)
パネルディスカッション
■パネリスト(五十音順)
飯田 哲也(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)
小野 章昌(コンサルタント,元三井物産原子燃料部長)
後藤 政志(元東芝原子炉格納容器設計技師,博士(工学))
林 勉(元日立製作所原子力事業部長,エネルギー問題に発言する会代表幹事)
千葉 恒久(弁護士)
松村 敏弘(東京大学社会科学研究所教授)

■コーディネーター
只野 靖(弁護士)
今野 江里子(弁護士)

-----------------------------------------------------------------
参加申込書(切り取り不要・送信票不要)

日本弁護士連合会 人権第二課行(FAX:03-3580-2896)
※事前申込なしでも御参加いただけますが,人数把握のため,
 できる限り事前にお申し込みください。

御名前 /御所属・連絡先

■主催 関東弁護士会連合会 日本弁護士連合会

■問い合わせ先:関東弁護士会連合会 事務局
        (TEL:03-3581-3838 FAX:03-3581-7107)
        日本弁護士連合会 人権部人権第二課
        (TEL:03-3580-9509 FAX:03-3580-2896)

ご提供いただいた個人情報は,日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い
厳重に管理いたします。また,この個人情報に基づき,日本弁護士連合会もしくは
日本弁護士連合会が委託した第三者より,シンポジウム等のイベントの開催案内,
書籍のご案内その他当連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただく
ことがあります。

なお,個人情報は,統計的に処理・分析し,その結果を個人が特定されないような
状態で公表することがあります。

※当日は,日弁連職員による撮影があり,撮影した映像・画像は日弁連の広報に
使用される可能性がございます。
※撮影をされたくない方は,当日,担当者にお知らせください。

**************************************

以上です。

助成選考委員の公募を行います 

高木基金では、本日より、助成選考のための選考委員の一般公募を
行っております。受付締切は6月30日です。

詳しくはこちらからご覧ください。
http://www.takagifund.org/activity/2011/20110601sc.html