リスク・アンド・ベネフィット(リスクと便益)の天秤 

事務局の村上です。

3月11日の震災から、まもなく20日が過ぎようとしています。
高木基金の周辺ではとくに福島原発の状況を受けて、色々な
ことが変わっているように思います。事務局の菅波さんは
高木基金が委託研究として支援をしている「柏崎刈羽原発の
閉鎖を訴える科学者・技術者の会」
の事務局の仕事もこなす
日々です。

高木基金の理事や選考委員、それから助成先の皆さんも
様々なやり方で何とかこの危機を乗り越えるために動かれて
います。なかなか流動的な状況をお伝えするのは難しいの
ですが、できるかぎり発信していきたいと考えています。

以下、高木基金の選考委員の大沼淳一さんが3/21に書かれた
文をご紹介します。
****************************

「リスク・アンド・ベネフィット(リスクと便益)の天秤」

科学で問題提起されたことに科学で答えが見つからない領域という
のが増えています。遺伝子組み換えや、臓器移植、核などの分野で
は、それが顕著で、不確実性の領域ということも出来ます。

これまで科学が最も得意にしてきた因果律(あるいは因果関係)の
証明もゆらいでいます。こういう領域を、ワインバーグというアメリカ
の核物理学者が「トランス領域」と名付けました。

例えば、狂牛病が人に感染するかどうかが分からなかったときに、
イギリスの科学委員会は、「感染するかもしれない」と発表した時
のパニックを心配して「感染しない」と発表しました。そして、その
すぐ後に感染者第1号が発見されました。その後、300人以上が
発症して死んでいます。

科学者が科学の中で正解が見つからない事象に対して、政治的
判断で行動したという事件でした。

イギリスの科学者たちは、この後このことを反省して、科学の進む
べき方向について市民の意見を聞く必要があることを自覚し、サイ
エンスショップ運動などが始まりました。

今回の福島原発事故においても、同じことが言えそうです。

炉心の水位が下がった時に、海水を注入する決断、圧力容器や
格納容器の圧力が上がってきたときに、放射能を含む蒸気を排出
するバルブを開く決断、使用済み核燃料プールに放水する決断、
報道を見る限り、それをやったのは、科学者でも技術者でもなく、
政治家だったようです。

まさに、科学技術の粋を集めたとされる原発が想定外の事態に
直面した時に、科学者や技術者は、起こりうることについて、
いくつかの可能性を説明することは出来ても、そのどれを選択する
かの決定が出来なかったように思われます。

不確実領域を進む時に科学があてにならないとなると、何を指標に
して進めばいいのでしょうか。

ひとつは「予防原則」です。未知の領域にあって、「その危険性が
科学的に証明されていないことを危険性を防ぐ対策を取らないこと
の理由にしてはいけない」という原則で、生物多様性条約とカルタ
ヘナ議定書や、温暖化防止条約などはこの原則が貫いています。

一方、不確実な危険について、その発生確率(=リスク)を推定、
算出して、リスクの少ない方向へ進もうという考え方「リスク管理
手法」が、アメリカや日本では多用され、化学物質の規制などに
採用されています。

この考え方では、リスクとその危険を冒すことによって得られる
便益(ベネフィット)とを天秤にかけて進むのです。

一見良さそうですが、リスクの推定計算に問題があったり、リスク
を被る人と便益を受ける人とが異なっているようなケースが多く、
そのリスクを冒す人(=被る人)に選択権がない場合には、天秤に
かけること自体が間違いだとされています。

レントゲン写真を撮ることは、X線被曝して癌になるリスクを冒す
ことになりますが、同時に、病気を発見して健康を回復する便益
もあります。

どちらを選択するかは、レントゲンを撮る人の自由な判断で行われ
るはずです。(そのために正しい知識の開示が医者に求められてい
ます)

しかし、原子力発電の場合は、原子力発電の危険性を冒してまで
そこから得られる電力の恩恵に浴したくないと思っている人にも、
等しく事故時の放射能は降ってきます。

こういう場合は、リスクアンドベネフィットの天秤にかけてはいけない
のです。

すなわち、現在TVで垂れ流されている御用学者やマスコミによる
「レントゲン写真何回分」の被曝と今回の事故による放射線被ばく
を比較するべきではないのです。

来年度の国内枠調査研究助成の選考について 



高木仁三郎市民科学基金より、ご支援、ご協力を頂いているみなさまへ



           高木仁三郎市民科学基金 事務局長 高木 久仁子

今回の東北地方太平洋沖地震で被災されたみなさま、福島原発事故を受け
て避難を余儀なくされているみなさまに、心からお見舞いを申しあげます。

高木仁三郎は、「友へ」と題した最後のメッセージに

『原子力時代の末期症状による大事故の危険と、結局は放射性廃棄物が
 たれ流しになっていくのではないかということに対する危惧の念は、
 今、先に逝ってしまう人間の心を最も悩ますものです。後に残る人々
 が、歴史を見通す透徹した知力と、大胆に現実に立ち向かう活発な行
 動力をもって、一刻も早く原子力の時代にピリオドをつけ、その賢明
 な終局に英知を結集されることを願ってやみません』

と書き残してこの世を去りました。いまこそ高木基金の存在価値が問われ
ています。

このような中で、すでにメールでもお知らせいたしましたが、3月12日に
予定していた、来年度国内向け調査研究助成の「公開プレゼンテーション」
は、3月11日の地震・津波災害を受けて、中止といたしました。

高木基金では、市民科学にふさわしい助成先を、高木基金の支援者や一般
のみなさんにも開かれた場での意見交換をふまえて決定することを、設立
以来、大切にして参りましたが、今回は、大災害による緊急事態であり、
また、助成申し込みに対する決定が遅れた場合、応募者のみなさんの調査
研究活動にも支障が生じること、さらに、福島原発事故の状況が、予断を
許さないことを勘案して、今年度は、公開プレゼンテーションをおこなわ
ずに、理事会として、助成先の最終決定をすることといたしました。

決定した助成先は、4月中旬頃を目処に、高木基金のウェブサイトおよび
「高木基金だより」でお知らせする予定です。

ご理解を頂きますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

「福島原発震災」についてのコメントなど 


多くのみなさんが、福島第一原発によって引き起こされた「原発震災」のために
文字通り、「生きた心地がしない」という状況ではないかと思います。

原発周辺では、実際に、避難生活を余儀なくされたり、「安心して飲む水がない」、
「農作物が出荷できない」、という深刻な事態に直面している方も、少なくない
と思います。心からお見舞いを申し上げます。

それにしても、今回の地震・津波災害は、防災上の想定をこえるものであり、
自然災害の前では、人間の力ではどうにもできないことがあると言うことを思い
知らされた気がします。

しかし、このような自然災害に対して、ひとたび原発が重大な事故を起こした
場合のことは、これまでも、多くの人が想定し、警告を発してきたことです。

その意味で、東京電力をはじめ、原子力の推進に関わり、「安全」を誇張して
きた個人、企業、組織などの責任は、きわめて重大です。

現時点では、まだ、福島第一原発の冷温停止、放射能放出の防止が最優先課題
ですが、一日も早く、この事態を収束させ、これまでの原子力政策、エネルギー
政策の評価、分析、責任の追及を、徹底的におこなわなければならないと考えて
います。


3月11日以降は、菅波自身も、「柏崎刈羽・科学者の会」の事務局長として、
原子力資料情報室のみなさんなどと、連日様々な活動をおこなっています。

日々発表される政府や東京電力などの情報、報道などの紹介、コメントなどに
ついて、菅波のツイッターとフェイスブックで、毎日、随時、情報発信をおこ
なっていますので、よろしければ、下記のリンクからご覧下さい。

Twitter http://twitter.com/SUGENAMI
Facebook http://www.facebook.com/sugenami

また、「柏崎刈羽・科学者の会」としても、3月23日に「見解」を発表しま
したので、ぜひご覧下さい。

「柏崎刈羽・科学者の会」のウェブサイト(「見解」のページ)
http://kkheisa.blog117.fc2.com/blog-entry-75.html

「見解」のPDF
http://kk-heisa.com/data/2011-03-23_kkkenkai.pdf



毎日、気の休まる暇のない状況ですが、ツイッターで、とてもうれしくなる
ような話しをみつけました。

藤波心(ふじなみ・こころ)という13才のアイドルが、本人のブログで、
(原発問題で自分の考えを述べられない、意気地なしの大人を尻目に)
自分の考えをきちんと述べています。

原発に反対かどうかというレベルではなく、とても素晴らしいことだと
思いますので、よろしければみなさんもご覧下さい。

もしかしたら、「圧力」で削除されてしまうかもしれませんので、
お早めに。→ http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html






福島原発事故 参考資料 

事務局の菅波です。

先日、村上さんからも福島原発事故関係の情報サイトの紹介が
ありましたが、各号機の状況を一覧表に整理した資料が、
原子力産業協会http://www.jaif.or.jp/のウェブサイトに
掲載されています。
英文資料もあり、適宜更新されていますので、便利です。

和文 3/16 最新版 
http://www.jaif.or.jp/ja/news/2011/110316fukushima_event-status-8j.pdf
英文 3/16 最新版 
http://www.jaif.or.jp/english/news_images/pdf/ENGNEWS01_1300273535P.pdf


なお、原子力委員会委員長代理の鈴木達治郎さんが、地震発生
以降の状況報告を、個人の立場で、Facebookに英文で流しています。
そのコメントを、菅波のFacebookにまとめて転載してありますので、
これも参考になると思います。

それにしても、この先、どのように「冷やし」、「閉じ込める」こと
ができるか、本当に心配な状況です。

原発震災の教訓 


事務局長の菅波です。

今回の地震・津波災害で被災された方に、心からお見舞いを申し上げます。

また、福島第1原発、第2原発の冷温停止ができず、放射能汚染が広がる
なかで、避難・待避を余儀なくされているみなさんの不安は、まさに筆舌
に尽くしがたいものかと思います。

言うまでもなく、ひとたび原発が大規模な事故を起こせば、その被害は、
極めて広範囲に及び、また長期にわたる影響が避けられません。

今回の福島での原発震災、そして2007年の新潟県中越沖地震による柏崎
刈羽原発の事故から痛感することは、原発の「安全性」というものは、
社会インフラが安定している状況でしか成り立たないものであるという
ことです。

チェルノブイリも、スリーマイルも、原発以外の社会インフラには問題
がない状況のもとで、あのような被害を生じたこと、逆にいえば、社会
インフラになんらかの問題があれば、さらに事態の収束が困難であった
であろうことを、よく認識すべきだと思います。


今回の福島原発は、自力での冷温停止ができず、放射能汚染を発生させ、
自衛隊の支援を受けても、いまだに事態を収束できず、さらに深刻な
災害に発展する懸念がぬぐえません。

新潟県中越沖地震での柏崎刈羽原発でも、原発施設で火災が発生し、
消防の支援でようやく消し止めました。

自然災害などによって、社会インフラが機能を失った時、原発は役に
立たない場合もあり、さらに、社会に重大な危険をもたらす原因にも
なることが、今回の事故で明白になりました。

原発を社会インフラのベースにすえることは、極めて危険です。

さらに強調しておくべきことは、社会インフラや、社会体制が不安定
な国に輸出することは国際的に重大なリスクを抱えることであるという
ことです。

国際的にも、日本での原発震災を「教訓」として、原発政策を見直す
動きが出てきていますが、原発輸出も根本的に考え直さなければなら
ないと思います。

いまできること―福島原発を受けて 

事務局の村上です。

15日の原子力資料情報室(CNIC)の会見で、東京都内にも、
福島原発の事故による放射能(微量のヨウ素、セシウム)が到達した
という報告がありました。各社の報道でも、関東圏内で、通常よりは
高い値の観測を報道しています。

福島近くにいる方は、「外に出ない」「どうしても出るときには皮膚を
さらさず、防塵マスクやぬれタオルで口・鼻を覆う」「雨にぬれないよう
にする」「濡れた場合の衣服は捨てる」などの対応が必要だそうです。

また、妊婦の方や小さなお子さんは、優先的に守る必要があります。
もし遠くに親戚の方がいらっしゃる場合は、タイミングを見て移動する
ことも考えることができるかもしれません。また、のり、わかめ、とろろ
昆布など、ヨウ素(ヨード)分を過剰摂取は気をつけながら、とることも
できることのようです。

もう少し離れた場所にいる私たちにできることは、まず落ちつくこと。
過去の経験から学んだ教訓もありますから、情報を入手して、一人一人
が置かれている状況の中でよい判断をしていくことが大切です。

■以下、本日「FM797京都三条ラジオカフェ」で高木基金理事でもある
細川弘明さんが(関西の方向けに)お話した内容をいくつかご紹介します。
(文責村上)

・しばらくは大量に出てくる放射能をいかに回避するかが第一。
 近隣住民の支援が大事。
・近隣で妊娠している方や小さなお子さんは、個々人の判断になるが、
 関西に親戚や実家がある人は避難(疎開)をすすめるのもよい。
・事故は今後悪化する展開はありうる。作業員による長時間の作業が
 難しくなっている。冷却に成功していない。いま問題となっている
 4基から相当量の放射能がでることを覚悟する必要がある。
・今後の放射能の影響は、東京都内は微妙。関西に放射能が拡散しない
 まま届くことはないだろう。
・例えば放射性物質のヨウ素の半減期は8日間。半減期の10倍が一つの
 目安となるので、80日とすれば、3カ月弱は注意する必要がある。
・チェルノブイリの人々が経験したことを覚悟する必要があると考えている。
 座って待っているのではなく、できることはある。
・日本は人口が多いので、あわてて動いて、体調崩すなどのことがあっては
 本末転倒。
・将来的には、食べ物の流通が困難になることなどが予想されるが、
 無用な混乱をさけつつやっていくしかない。
・食料や環境の放射能による汚染が生じることが考えられる。何十年において、
 そういう環境で過ごす必要があることを覚悟する必要がある。

■また、田中優さんも、今後のことについて、こちらのブログで紹介されています。
 
東京にいるために、どうしても関東にいる人間の視点になってしまいますが、
東北で被災されている方やもっと福島原発に近い方のことを考えつつ、自分
にできること考えて、行動していきたいと思います。

福島の原発など関連情報 

みなさま

福島の原発、心配ですね。

いろんな方が送ってくださっているメールから、情報源となりそうなサイト
のリンクを掲載します。
(これ以外にもいろんなサイトがあると思いますが、とりいそぎ)

=============================
■風向き
アメダス
気象庁

首相官邸情報
東電の情報

■原子力資料情報室
ウェブサイト
動画サイト

■ウェブ/メディア情報
JanJanの原発特集
ルポルタージュ研究所(福島第一原発から西に45キロ離れた地点の放射線観測データ)
OurPlanet-TV
Days Japan 

■英語情報
グリーン・アクション 
フランス「EnerWebWatch」の日本の震災原発事故サイト 
NHK英語サイト 
共同通信英語サイト 
BBC
Al Jazeera

■モニタリング情報
福島第1モニタリングポスト測定値(更新なし)
福島第2モニタリングポスト測定値(更新なし)
女川原発モニタリング
福島県のモニタリングポスト 
■その他
格納容器ベント系統図と格納容器注水系の図 
代替注水、格納容器の加圧防止の図 

【緊急】3/12の公開プレゼンは中止します。 

みなさま 事務局の菅波です。

東京でも今日の地震で、交通機関がストップしており、明日に予定されていた
公開プレゼンテーションは、中止いたします。

発表者、参加予定者のみなさまも、まずはご自身の安全を確保することを優先
してください。


アマゾンのアフィリエイト 

事務局の菅波です。

今週土曜日が公開プレゼンテーションで助成選考がいよいよ大詰め。

そして今月は年度末と言うことで最終的な決算をにらみつつ、資金集めに
最後のがんばりを続けています。


高木基金では、アマゾンのアフィリエイトを2004年頃からやっているのですが、
あまり、目立ったアピールができていなかったため、紹介料も年間数千円から
1万円程度、というのが一昨年までの状況でした。

それが、今年度(2010年度)途中から、金額が右肩上がり(!)になってきて
おり、年度の途中ですが、紹介料の合計が5万円を超える状況になってきました。

これは、ウェブサイトのトップページにリンクを張るという、当たり前のこと
をやったことがきっかけだったようで、今までやっていなかったことを反省して
いる状況です。

年間5万円では、まだまだだというご意見もあるかもしれませんが、賛助会員
で言えば16名分くらいになるわけですから、とても助かります。

みなさんも、アマゾンで買い物をすることがあるようでしたら、一度、下記の
アドレスからアマゾンのサイトにアクセスし、それをブックマークに保存して
お使いください。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=takagifund-22

そうすると、アマゾンでの購入額の3%弱が、高木基金への紹介料になります。

無駄な買い物をお勧めするわけではありませんが、よろしければご協力ください。

よろしくお願いいたします。