いよいよ明日>京都での成果発表会 

事務局の菅波です。

京都での成果発表会がいよいよ明日に迫りました。
参加者が集まるかどうか、まだまだ心配なのですが、その上、今日の関西は大雨で
明日のお天気まで心配になってきました。

発表者である長島の自然を守る会の高島さんは、山口県で、避難勧告が出された
という話もあり、高島さん自身の出席も大丈夫かどうか、不安が残ります。

今日の東京は真夏の天気ですが、これから新幹線で、大雨の関西に突入です。

明日になって、いろいろな不安材料がすべて解消されていることを願うばかりです。

いまさらですが、明日の成果発表会の開催概要は下記の通りです。
関西のみなさま、雨にも負けず、ぜひご参加下さい。

=========== 【転載歓迎】 ===========

      高木基金 市民科学研究成果発表会

【日 時】 2009年7月26日(日) 
     開会 13:00 (開場12:45) 終了 17:30頃

【会 場】 キャンパスプラザ京都 第3講義室
       京都市下京区西洞院通塩小路下ル
      (JR京都駅から徒歩約10分/京都駅駐車場西側)
      http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

【参加費】 資料代 1,000円

【申込み】 当日参加も可能ですが、資料準備のため、事前に
      E-mailかFax で、お名前、ご連絡先をお知らせ
      いただけると助かります。
      
      E-mail info@takagifund.org Fax 03-3358-7064

【発表者及び助成研究・研修のテーマ】

  ◆ 遺伝子組み換え食品を考える中部の会 河田 昌東さん
    「遺伝子組み換えナタネの拡散を防ぐための名古屋、
     四日市港周辺の調査研究と活動」

  ◆ 水俣病センター相思社 遠藤 邦夫さん
    「産廃阻止マニュアルの作成」

  ◆ 三浦の自然と大村湾の環境を守る会 野田 智子さん
    「大村市西部町江川流域の水質調査および江川河口海域
     の生態系の把握」

  ◆ 澤田 慎一郎さん
    「大阪・泉南地域の石綿被害実態と石綿公害問題の検証」

  ◆ 鞆まちづくり工房 松居 秀子さん
    「鞆(とも)港埋立て架橋阻止に要する「亀の甲(亀甲状
     石積み)」の調査」

  ◆ 香川ボランティア・NPOネットワーク 石井 亨さん
    「別当川の自治と治水の批判的検証」

  ◆ 北限のジュゴンを見守る会 鈴木 雅子さん
    「市民による沖縄のジュゴン保護のための野外調査、
     文化調査とそれに基づく保護ロードマップの構築」

  ◆ 長島の自然を守る会 高島 美登里さん
    「上関原発予定地長島の生態系の解明と詳細調査による
     ダメージの検証及び地域再生に向けた実験的試行」

  詳しいプログラムはこちらからご覧ください。
  http://www.takagifund.org/activity/2009/20090726rrm2.html

【申し込み・問い合わせ】 

  認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
事務局携帯 070-5074-5985 Fax 03-3358-7064
E-mail info@takagifund.org http://www.takagifund.org

 ・当日、終了後に、会場近くにて、助成先のみなさんを囲んでの
  懇親会を予定していますので、こちらにもぜひご参加下さい。


     ------------------------------------------
      認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金

     〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
       TEL 070-5074-5985 FAX 03-3358-7064
      URL http://www.takagifund.org
      E-mail info@takagifund.org

     郵便振替口座 00140-6-603393

      高木基金は認定NPO法人です。高木基金への
      ご支援は寄付金控除の対象となります。
      -------------------------------------------


7/26 京都での成果発表会 

事務局の菅波です。

すでに高木基金ウェブサイトやメール等でもお知らせしていますが、
7/26に京都で、昨年の助成研究・研修についての成果発表会が
行われます。

こちらのブログではまだ掲載していませんでしたので、あらためて
のせておきます。

京都に近い方は、ぜひご参加下さい。
また、この情報の転載・転送などにご協力ください。

すでに、参加申し込みも(少しづつ)届いていますが、ネットなどを
通じて、今回、初めて高木基金のことを知ったという方もおられます。
これは、本当に嬉しいことです。

今回、京都での発表会のために、東京からも理事や選考委員が
出かけることになりますので、開催の費用yは、いつもより余計に
かかっています。

しかし、今までやっていなかったことをやるわけですから、何か、
これまでにはなかったつながりや、広がりをつくっていきたいと
考えています。

前置きが長くなりましたが、下記が7/26の成果発表会の案内です。

よろしくお願いします。


=========== 【転載歓迎】 ===========

       高木基金 市民科学研究成果発表会
      <7/26(日) キャンパスプラザ京都にて>

 高木基金は、核や原子力の問題を在野の立場から批判的に研究し、
2000年に亡くなった高木仁三郎の遺志によって設立され、仁三郎の
遺産と、基金の主旨に共鳴する一般の方からの会費・寄付を財源と
して、「市民科学」を志す市民やグループへの調査研究・研修を助
成しています。
 この成果発表会では、2008年度に高木基金の助成を受けて実施さ
れた調査研究・研修の成果を広く一般のみなさんに報告します。
 研究の分野は多岐にわたりますが、いずれも市民社会に大きな影
響を及ぼす問題でありながら、行政や一般の研究者が取り上げない
ものを、普通の市民や市民グループが地道に調査・研究しているも
のです。
 ぜひ多くの方に参加していただき、研究の成果に対するご意見や
ご助言などをお聞かせいただくなかで、研究成果を深める場とした
いと思います。

【日  時】 2009年7月26日(日) 
     開 会 13:00 (開場 12:45)
       終 了 17:30 (予定)

【会  場】 キャンパスプラザ京都 第3講義室
       京都市下京区西洞院通塩小路下ル
       (JR京都駅から徒歩約10分/京都駅駐車場西側)
       http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

【参 加 費】 資料代 1,000円


 ◆当日のプログラムはこちらからご覧いただけます。
  http://www.takagifund.org/activity/2009/20090726rrm2.html


【参加申込】 当日参加も可能ですが、資料準備のため
       7月22日(水)までに E-mailかFax でお申し込み下さい。

【申し込み・問い合わせ】 

  認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
事務局携帯 070-5074-5985 Fax 03-3358-7064
E-mail info@takagifund.org http://www.takagifund.org


・当日、終了後に、会場近くにて、助成先のみなさんを囲んでの懇
 親会を予定しています。

・2008年度に助成を受けて実施された国内枠の調査研究・研修は
 全体で22件あり、今回の成果発表会では、その内の8件の発表を
 行います。その他の14件については、以下の通り、東京にて別に
 発表会を行います。プログラムなどは追って高木基金のウェブ
 サイトに掲載します。

   日 時:9月27日(日) 10:00~18:00頃
   場 所:JICA地球ひろば講堂
  (東京都渋谷区広尾4-2-24 地下鉄日比谷線広尾駅 下車1分)

                           以上

      ------------------------------------------
      特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金

      〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
        TEL 070-5074-5985 FAX 03-3358-7064
       URL http://www.takagifund.org
       E-mail info@takagifund.org

      郵便振替口座 00140-6-603393

      高木基金は認定NPO法人です。高木基金への
      ご支援は寄付金控除の対象となります。

      図書券・未使用テレカ・書き損じハガキ等での
      カンパも大歓迎です。よろしくお願い致します。
      -------------------------------------------

【ネットで本を買うならこちらから:約3%が高木基金に還元されます】
アマゾンなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=takagifund-22
bk1なら
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi?aid=p-TJ-Fund61725

このアドレスをブックマークに登録してお使い下さい。

ダイオキシン国民会議>ミツバチ減少問題の学習会 

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議からの情報を転載します。
最近話題になっているミツバチ減少問題の学習会です。

=================================

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議公開学習会
日本でなぜミツバチが減少しているのか
~ゆたかな生態系を取り戻すために~
                                

 世界各地でミツバチが減少していることが問題となっていますが、日本では
いったいどうなっているのでしょうか。今回の学習会では、まず、日頃私たちが
忘れかけている、植物の花粉媒介者としてのミツバチの役目を、第一線で活
躍中の生態学者より学びたいと思います。そして、現実に日本でどのようなミツ
バチ問題が起きているのか、また、その原因として何が考えられるのかを、ミツ
バチの大量死を体験された岩手の養蜂家よりお話いただきます。私たちの食糧
生産を支えているミツバチが発している生態系異変へのシグナルの意味を、
現在進行中の銀座ミツバチプロジェクトの話も交えて、みなさんと共に話し合って
みたいと思います。どうぞ、ふるってご参加ください。

日 時: 2009年7月19日(日) 午後1時-4時30分

会 場: 銀座フェニックスプラザ
      東京都中央区銀座3- 9- 11 紙パルプ会館 03-3543-8118

交 通: ●東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」徒歩2分
     ●都営浅草線「東銀座駅」A7・A8出口より徒歩1分
     ●JR山手線「有楽町駅」中央口より徒歩7分
内容:
 
1)講演

  ・「生態系の中でのミツバチの役割」
   鷲谷いづみ氏(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

  ・「ミツバチ減少の真の原因はこれだ!」
   藤原誠太氏(日本在来種みつばちの会会長・東京農業大学客員教授)

2)パネルディスカッション

   鷲谷いづみ氏、藤原誠太氏、
   田中淳夫氏(銀座ミツバチプロジェクト副理事長)  

3)銀座ミツバチ見学会

主 催: ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
参加費: 1000円 事前申し込み制        
申し込み先: 国民会議事務局 03- 5368- 2735 Fax.03- 5368- 2736
         Email: kokumin- kaigi@syd.odn.ne.jp

相思社から>水俣病救済策の問題点 

事務局の菅波です。昨日(7/8)に成立してしまった水俣病問題の特別措置法
に関して、助成先の水俣病センター相思社から、問題点を整理した資料の
情報が届きましたので転載します。是非参考にして下さい。

==========================

水俣病センター相思社です。

今日7月8日 多くの被害者・地域住民が反対していた「水俣病被害者の救済及び水
俣病問題の解決に関する特別措置法案」が参議院本会議で可決され、成立しま
した。とりいそぎ同法と関係文書を相思社ホームページに掲載しました。

(1)「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の最終解決に関する特別措置法案」の修正点
(与野党協議の合意事項・2009.7.2)
http://www.soshisha.org/kanja/2009_07_02yoyatou_goui_bunsho.htmll)

(2)「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法案」
(修正版・PDF版・51.4MB)
http://www.soshisha.org/kanja/tokusohou_2.pdf
(3)「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法案」
(修正版・テキスト)
http://www.soshisha.org/kanja/2009tokusohou.html

(4)「加害企業を免罪する「チッソ?分社化」に再び反対する緊急声明
http://www.soshisha.org/kanja/2009_07_02_kinkyuu_seimei.html


                            (2009/07/08)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※ネットワークこそが相思社の力です。ご意見、ご感想、ご叱責等なんでもお
知らせいただければ幸いです。


※このメールは当方でメールアドレスが分かる方にお送りしています。こうし
たメールがご不要の方、アドレスの変更は、お手数ですがご連絡下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財団法人 水俣病センター相思社
〒867-0034 熊本県水俣市袋34番地
電話 0966-63-5800/FAX 0966-63-5808
Web Page http://www.soshisha.org/
E-mail  info★soshisha.org
 (★を半角@に変更してください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━