開催迫る!公開プレゼンテーション 

2008年度助成の最終選考の一環として、2/16(土)に、公開プレゼンテーションを
行います。どなたでも参加して、意見や質問を出して頂くことができます。
当日は、午前10時から、午後6時頃までかかりますが、興味のある発表の時間帯
だけ参加して頂くかたちでも構いません。

ぜひたくさんの方に参加して頂き、いろいろな意見を聞かせて頂ければと思って
おりますので、よろしくお願いします。


===========================【 転載歓迎 】==

   高木基金 第7回助成
  公開プレゼンテーションのお知らせ
      < 2/16(土)・渋谷区立勤労福祉会館 >


 高木基金は、現代の科学技術、特に、核・原子力利用の専門的批判に生涯をか
けて取り組んだ、高木仁三郎の遺志に基づき、「市民科学」を志す市民研究者や
市民グループの調査研究・研修を助成しています。

 今年度は第7回の募集を行い、国内向けの調査研究助成(予算 650万円)に
59件(応募金額合計 5,779万円)の応募がありました。先頃行われた選考委員会
では、このうち20件(同 1,949万円)が書類選考を通過しました。

 これについての最終選考として、2月16日(土)に公開プレゼンテーションを
行います。

 当日は、書類審査を通過した応募者に、調査研究計画などを発表していただき、
それらの発表に対して高木基金の選考委員や会員のみなさん、さらに一般の方な
どからの質問や意見を出して頂きます。最終的な助成先は、高木基金の理事会で
決定しますが、公開プレゼンテーションでの質疑応答が最終選考の重要なポイン
トとなります。

 高木基金の助成金は、一般からの会費・寄付を財源としていますが、選考にお
いても、開かれた場での意見交換を通じて、「市民科学」にふさわしい研究を市
民が選び、応援していくことを目指しておりますので、ぜひみなさまのご参加を
よろしくお願いいたします。

日 時 : 2008年 2月16日(土)
9:30開場 10:00開会 18:00頃閉会
場 所 : 渋谷区立勤労福祉会館 第一洋室
        東京都渋谷区神南1-19-8
        JR渋谷駅から徒歩8 分
参加費 : 無料(会場でのカンパにご協力下さい!)
申込み : 準備の都合上、事前に
E-mail info@takagifund.org 又は
Fax 03-3358-7064までお申し込み下さい。

=====================================

     高木基金 第7回公開プレゼンテーション プログラム
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
10:00  開会・趣旨説明                     

10:15 ~ 午前の発表                     助成応募金額

● 原発老朽化問題研究会 湯浅欽史さん――――――――――――【 89万円】
   『地震動を考慮に入れた原発老朽化の検討』

● 六ヶ所再処理工場放出放射能測定プロジェクト 古川路明さん―【126万円】
   『六ケ所再処理工場からの放射能放出に関する調査研究』

● 北限のジュゴンを見守る会 鈴木雅子さん――――――――――【 94万円】
   『市民による沖縄のジュゴン保護のための野外調査、文化調査と
    それに基づく保護ロードマップの提案』

● たまあじさいの会 濱田光一さん――――――――――――――【100万円】
   『日の出町ゴミ焼却灰のエコセメント化工場の環境影響調査』

12:10 ~ 昼食休憩(60分)

13:10 ~ 午後(前半)の発表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 穴あきダム特別調査チーム 遠藤保男さん――――――――――【118万円】
   『多目的ダムから治水専用(穴あき)ダムへの用途・形状変更等
    に関する調査研究』

● 鞆まちづくり工房 松居秀子さん――――――――――――――【 80万円】
   『江戸期港湾施設の謎解き(196年振りの解釈に基づいて)』

● 三浦の自然と大村湾の環境を守る会 野田智子さん――――――【 32万円】
   『大村市西部町江川流域の水質調査および江川河口海域の生態系
    の把握』

● 長島の自然を守る会 高島美登里さん――――――――――――【200万円】
   『上関原発予定地長島の生態系の解明と詳細調査によるダメージ
    の検証及び地域再生に向けた実験的試行』

● 環瀬戸内海会議 阿部悦子さん―――――――――――――――【 65万円】
   『瀬戸内海沿岸潮間帯の海岸生物調査と、それによる地域再生を
    めざして』

15:35 ~ 休憩(15分)

15:50 ~ 午後(後半)の発表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 水俣病センター相思社 遠藤邦夫さん――――――――――――【 91万円】
   『水俣市における廃棄物最終処分場建設計画の環境影響に関する
    調査研究』

● アジア太平洋資料センター(PARC) 内田聖子さん―――――――【 75万円】
   『アジアに向かう電子ごみ
     ――有害廃棄物の貿易の実態調査と監視ネットワークの構築』

● 彩の国資源循環工場と環境を考えるひろば 加藤晶子さん―――【199万円】
   『彩の国資源循環工場による環境汚染調査』

● 埼玉西部・土と水と空気を守る会 前田俊宣さん―――――――【 53万円】
   『ゴミ山(産業廃棄物の不法投棄)土壌の有害重金属含有濃度調査』

18:00頃 閉会


それぞれの調査研究計画の概要は高木基金のホームページでご覧になれます。
http://www.takagifund.org/activity/07kp.html からアクセスしてください。




-------------------------------------------
高木仁三郎市民科学基金 事務局  菅波 完

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
  TEL 070-5074-5985 FAX 020-4665-3293
URL http://www.takagifund.org
e-mail sugenami@takagifund.org 
郵便振替口座 00140-6-603393
  加入者名 高木仁三郎市民科学基金
-------------------------------------------

選考委員会終了 2/16は公開プレゼンです。 


 悪い癖で、またブログをサボっておりました。あっという間に1月が終わってしましましたが、この間に、第7回助成の書類選考が終了しました。
 今年度は、例年より応募件数が増え、書類選考の通過者も、例年より多くなっています。
2/16が最終選考の公開プレゼンテーションですが、最終的に、どの様に助成先を決定するか、難しい審査になりそうです。

 今回は、書類選考の選考委員会から公開プレゼンテーションまでの日数が少なく、準備がなかなか大変です。現在、書類選考通過者の一覧と、公開プレゼンテーションの情報を高木基金のサイトにアップすべく作業中であります・・・。