菅波不在のおわび 


助成募集期間の大詰めで、事前相談などの問い合わせの多い時期に恐縮ですが、事務局菅波は、現在、韓国に出かけております。
メールでのお問い合わせには、お答えできますが、電話で相談に対応できるのは、12月2日以降になります。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

11/26 松野亮子さん報告会 

事務局の菅波です。

来週月曜日(11/26)の夜、東京四谷の主婦会館にて、高木基金の助成先
松野亮子さんの報告会を開催しますので、ぜひご参加下さい。

よろしくお願いいたします。

===============================

高木基金の助成研修報告会のお知らせ
             <11/26(月) 東京:主婦会館にて>

   松野亮子さん 『内分泌かく乱物質の規制は可能か?』

===============================

高木基金の助成先で、イギリス、ケント大学に留学して、ヨーロッパ
における内分泌かく乱物質の法規制を研究してきた松野亮子さんが、
今般、博士号を取得し、帰国されましたので、下記の通り、報告会を
開催致します。

非常に重要な問題でもあり、ヨーロッパにおける最近の議論の状況な
ども含めて報告して頂きますので、ぜひご参加下さい。

● 日 時  11月26日(月) 19:00~21:00
● 場 所  主婦会館 3階 主婦連合会会議室
東京都千代田区六番町15番地
JR中央線 四ッ谷駅麹町口から徒歩1分
● 参加費  無料 (会場でのカンパにご協力下さい。)
● 申込み  資料準備の都合上、極力事前申込みをお願いします。
       info@takagifund.org 又は FAX 03-3358-7064 へ
       お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

助成先からの賛同呼びかけ>沖縄泡瀬干潟埋め立て問題 

事務局の菅波です。

助成先、「北限のジュゴンを見守る会」の鈴木雅子さんからの情報を転載します。
(その情報の発信元も、助成先の山下博由さんです。)
ご協力をお願いします。


みなさま
ご無沙汰しております。
私たち、沖縄の自然と風土を守りたいと願う市民と研究者たちが沖縄島の
東海岸中南部の本島に残された最後で最大の干潟の埋め立てに対し、以下
のよびかけを緊急に行っています。
お忙しいとは考えていますが、多様性豊かな沖縄から世界の宝、泡瀬干潟
の危機にどうか、みなさまお力をお貸し下さい。
以下は友人の研究者よりのよびかけ文を転載させて頂きます。
 2007年11月14日
北限のジュゴンを見守る会
                           鈴木雅子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆 様(転送歓迎)

沖縄の泡瀬干潟埋立問題は,12月の沖縄市議会を前に,東門美津子沖縄
市長の政治的判断が注目される大きな山場を迎えています.

11月26日に沖縄市農民研修センターで開かれる泡瀬干潟保全のための市
民集会に向けて,下記のアピールへの賛同者を募っています.
  市民集会- http://awase.net/maekawa/sinindex.htm

既に300名以上の賛同者が連名していますが,1000人を目標に,皆さんの
賛同を御願いするものです.
このアピールは,東門沖縄市長に大きな勇気をもたらすでしょう!!

賛同者は,
1)氏名,2)職業もしくは所属もしくは住居地,3)もし可能ならあ
なたのアピールを添えて,

  泡瀬干潟を守る連絡会 save_awasehigata@yahoo.co.jp まで,

緊急にメールを御願いします.

文 例
★大貫妙子(ミュージシャン)
「人の営みにより、地球が悲鳴をあげている今、このような開発が、それ
に対してあまりに逆行しているということに、まだ気づかないという人が
いることに驚いてしまいます。痛めつけられた自然が、自力で蘇生しよう
とする最後のチャンスが、まさしく今であることを強く訴えたいと思いま
す。」

職業・所属・住居地の表記は,以下を御参考に.
★山下博由(ミュージシャン)
★山下博由(貝類保全研究会)
★山下博由(神奈川県藤沢市)

*アピールの文章はなくてもかまいませんので,一人でも多くの方の御
 賛同を御願い致します.

沖縄だけでなく,全国から賛同が寄せられることが大きな力になります.
どうか,よろしく御願い致します!

続きを読む