月別アーカイブ

 2007年05月 

島耕作ともんじゅ 


先週木曜日(5/24)に発売された「モーニング」の「専務 島耕作」が話題(問題?)
になっています。

島耕作が専務を務める初芝電産が発電事業に進出することになり、敦賀のもんじゅ
を視察し、その後、「原子力研究機構」の敦賀本部長とともに、小料理屋で一杯や
りながら、女将にエネルギー問題のうんちくをたれるというストーリーです。

島耕作という漫画としては、この後、大手電機メーカー「五洋電機」のやり手の若
社長・勝浦が同じ料理屋に現れ、実は、その料理屋の女将と勝浦には、一方ならぬ
過去があった、という設定で、初芝電産と五洋電機の発電事業に関わるビジネスの
争いと小料理屋の女将をめぐる島耕作と勝浦との男女関係で、話が進んでいくので
しょう。(菅波の勝手な想像ですが、よくこんな展開がありますよね。)

しかし、そこで島耕作と原子力研究機構の敦賀本部長との間で交わされる、高速増
殖炉(礼賛)問答は、ちょっとひどい。
まるで、もんじゅ推進側の宣伝パンフレットのようです。

高木基金には、昨年度の助成で、「ストップ・ザ・もんじゅ」のみなさんが発行し
た「高速増殖炉からの撤退-米・英・独・仏の政治判断-」というレポートが届い
ています。これはまさに、もんじゅ推進側の宣伝への対抗研究としてまとめられた
ものですので、この機会にぜひ多くのみなさんに読んで頂きたいと思い、紹介する
ものです。

続きを読む