サハリン開発>現地からのメッセージ 

サハリン開発の問題が、心配されていた状況になってきました。
ロシア政府は、環境面での課題を放置したまま、政治決着に向かおうとしているようです。
FoEジャパンのプレスリリースですが、重要なものだと思いますので全文を転載します。
高木基金が助成している現地のNGO「サハリン環境ウォッチ」のコメントが紹介されています。

******************************
プレスリリース 2006年12月26日

      サハリン2
      □■□環境問題は解決していない□■□
    □■□企業及び国は説明責任を果たすべきだ□■□

「プーチン大統領の声明には非常にがっかりしている」「企業間の合意
の中に、適切な環境修復・改善措置が含まれているのか」――。ロシア
・サハリン島で過去10年間、サハリン2の環境社会問題を訴え続ける現
地NGO「サハリン環境ウォッチ」代表ディミトリ・リシツィン氏(39)は
25日、FoE Japanに対して重い心境を語った。プーチン大統領は21日、シ
ェル・三井物産・三菱商事がサハリン2株式過半数の売却にガスプロムと
合意した後、サハリン2の環境問題について「基本的な部分は解決した」
と語った[1]。

企業間の権益交渉妥結を受けて、環境問題を「解決」とするのは、極め
て文脈を逸脱した、あるいは性急な言い回しだ。今年夏より3ヶ月に渡っ
て同事業の環境違反状況を調査した天然資源省は、約600ページとされる
調査報告書をまとめたばかりで、企業側にも一般にも未だ公開されていな
い。またサハリン州検察当局は今月7日に出したプレスリリースの中で、
11月21‐27日に行なった調査の結果、森林違法伐採や7地域にまたがる水
利用に関する法違反など、サハリン2は「環境法規を100以上違反・逸脱
している」と声明を発表している [2]。

さらにサハリン州検察当局と同時期の11月後半に現地調査を行ったサハリ
ン環境ウォッチは、サハリンエナジー社が天然資源省の指摘を受けて「工
事を一時中止」したはずのもっとも土石流のひどい山岳地帯や河川で工事
を継続していた事実を確認している。「交渉が行なわれていた間、解決し
た環境問題はない。サハリンエナジー社は違法に投棄された大量の土砂を
適切な場所に移動すらしていない。サケの遡上する河川へのダメージは来
年も続く。」 [3]

自国企業がサハリン2株式過半数を得たことをもって、「問題が解決」と
するのであれば、プーチン大統領はロシア法の「軽さ」を自ら露呈したこ
とになる。また、仮に企業がそれに乗じるのであれば、企業の法令遵守
(コンプライアンス)などあると言えるのだろうか。今回、ロシア政府が
環境問題を「口実」に同事業へのガスプロム参入交渉を有利に運んだとい
う解釈が大半だが、日欧企業はなぜ、こうした圧力に抵抗することができ
なかったか。それは「ロシア政府が指摘する環境破壊、環境法規違反が実
在していた」からである。

今後、ロシア政府並びにガスプロムを含む企業4社は、サハリン2のロシア
法並びに国際基準に則し、破壊された環境をどのように修復・改善してゆ
くのか、サハリンの住民や国際NGO、専門家らに明確に説明する責任がある。

また、サハリン2は事業化後には、油田開発の最大の環境リスクの一つが
待ち受ける。油流出事故だ。サハリンエナジー社は第二期工事の油流出対
応計画を未だ公表していない。リシツィン氏は11月に来日した際「油流出
対応計画には、アニワ湾のサハリン沿岸以外の油流出未然防止策は含まれ
ていないと聞いている」と語っている。

油流出の影響をもっとも受ける可能性のある隣国は日本である。サハリン
2の一連の動きに対する日本政府の消極的姿勢は不気味ですらある。国家
プロジェクトと位置づけるサハリン2の深刻な環境影響を招いた原因の一
つには、日本の資源外交戦略に「環境配慮」という観点が機能的に含まれ
ていなかったことが最大の欠陥とも言えるのではないか。日本の国際協力
銀行は、環境問題を理由にサハリン2に対する数千億円規模の融資を3年半
にわたって実施できずにいる。日本政府の説明責任も大きい。

「サハリン2の環境問題の解決には、長い道のりが待っている。ガスプロム、
シェル、三井、三菱はサハリン2を環境社会に配慮した事業に転換する必要
がある。我々は過去10年と同様に、その転換が現実に起こるように働きかけ
続ける」とリシツィン氏は締めくくった。


脚注)
[1] http://www.asahi.com/business/update/1222/091.html
http://www.itar-tass.com/eng/level2.html?NewsID=11106727&PageNum=0

[2] http://www.sakhalin.info/news/40978/

http://en.rian.ru/russia/20061206/56545808.html
[3] サハリン環境ウォッチ http://www.sakhalin.environment.ru/en/index.php


*同団体が続けてきたサハリン2環境社会影響のモニタリングの様子は、こ
ちらからご覧いただけます。
URL:http://www.foejapan.org/aid/jbic02/sakhalin/index.html

◆  本件に関するお問合せは…
国際環境NGO FoE Japan
171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8
Tel)03-6907-7217 Fax)03-6907-7219
E-mail:murakami@foejapan.org 担当:村上


++++++++++++++++++
国際環境NGO FoE Japan (Friends of the Earth Japan)
開発金融と環境プログラム
村上 正子

住 所:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明1F
TEL 03-6907-7217  FAX 03-6907-7219
☆10月1日、FoE Japanの事務所が移転しました!

■□FoEJapanはサポーターになってくださる方を募集しています□■
詳しいお問い合わせは info@foejapan.org まで!

応募ありがとうございました。 

12月10日で今回の助成募集(国内調査研究枠)をしめ切りましたが、今回の応募は、34件 応募総額 3,755万円でした。
予算は 650万円ですので、約6倍の応募を頂いたことになります。積極的な応募を頂き、ありがとうございました。

なお、研修奨励についても、12月10日までに1件の応募を頂き、書類選考を行っておりますが、研修奨励については、随時、応募の相談に応じておりますので、研修の計画をお持ちの方などは、遠慮無くお問い合わせ下さい。

よろしくお願いいたします。


事前相談はお早めに!(でも遠慮なく!) 

今年度の助成応募受付(国内調査研究枠)は、12月10日(日)が〆切です。
あと一週間ほどとなりましたが、まだまだ事前相談を受け付けておりますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

先週も3名の方の事前相談に対応しましたが、まだ計画が固まっていない段階の方もおられました。
相談するのとしないのとでは、かなりの差があると思います。
迷っていること、悩んでいることがあるならば、なおさらです。
せっかくの制度ですから、ぜひぜひご活用下さい。

なお、〆切が近づき、相談の希望が重なることもありますので、
●事前に要点を明記したメールをお送りいただくこと
●相談を希望する日時等を明記していただくこと
の2点にご協力をお願いします。
遠方の方には、電話で対応いたします。

積極的なお問い合わせをお待ちしておりますので、よろしくお願い
いたします。

今年度のご支援が900万円を超えました。 

今年もみなさまからあたたかいご支援をいただき、本当にありがとうございます。

今年は、4月末に認定NPOに承認され、寄附金控除の対象となったことで、大口のご支援も、以前より多く頂けるようになりました。

今年度の累計で、約400名の方から合計900万円を超える会費・寄付をいただいております。(4月1日~11月28日までの集計分)

ここには、今年度から取り組んでいる「地震と原発」研究へのご支援は含んでおりません。

ご支援いただいたみなさまに、あらためてお礼を申し上げます。

なお、確定申告に必要となる「寄附金控除用の証明書」は、12月末までのご支援を集計した上で、1月下旬頃に、お送りいたしますので、もうしばらくお待ち下さい。

今後とも、よろしくお願いいたします。