【ご注意!】日韓干潟調査のシンポは25-26です! 


高木基金が助成した「日韓共同干潟調査団」のシンポについて、先日、このブログでも紹介しましたが、本日,2/21付けの毎日新聞(都内版)に囲み記事で掲載されました。
ところが、日付が「24・25日」と誤って記載されてしまったのです。
もちろん、正しくは「25・26日」です。
実は、原稿の段階で、小生が確認のFAXに目を通していたのですが、まさか日付が違っていたとは・・・とは言え、もっとも基本的なチェックを怠った小生のミスです。毎日新聞にもご迷惑をおかけしてしまいました。
企画の告知が、これほど大きな記事になることはほとんどありませんので、やや舞い上がってしまいました。せっかくのPRのチャンスだったのですが・・・あぁもったいないことをした、と後悔するばかりです。


2/25-26 日韓共同干潟調査シンポ 

高木基金が第2回助成で支援した、日韓共同干潟調査団が、
昨年11月に、日韓国際環境賞(毎日新聞社と朝鮮日報社の
共催)を受賞しました。
これを記念したシンポジウムが、2/25-26に都内で開催さ
れますのでお知らせいたします。
高木基金もシンポの共催団体として、企画運営に関わって
います。

折しも、韓国のセマングム干拓事業の堤防閉め切り工事が
大詰めを迎えようとしており、緊迫した状況にあります。
今回のシンポジウムには、現地でこの問題に関わっている
韓国側のメンバーも来日し、最新の状況を報告してくれま
す。貴重な機会ですので、ぜひ多くのみなさんに参加して
いただきたいと思います。

=========【以下 転送・転載歓迎】=========

2006/2/25(土)-26(日)

日韓共同干潟調査団「日韓国際環境賞受賞」記念連続シンポジウム

『 国境を越えた干潟への想い
     韓日の素晴らしい自然・食・文化を未来へ 』のお知らせ


 日韓共同干潟調査団は、日韓両国で干潟の保全・研究に関わって
いる市民と研究者によって、1999年に結成されました。これまでに
20回以上の現地調査・シンポジウムを継続的に行い、両国に共通す
る豊かな干潟生態系を自然科学の立場から研究し、干潟を大切にし
ながら干潟と共に生きてきた人々の暮らしに学んできました。これ
まで調査に参加した日韓の市民・研究者は200名以上にのぼります。
 昨年11月、私たち調査団に、毎日新聞社と朝鮮日報社が共催する
「日韓国際環境賞」が授与されました。その受賞を記念し、あらた
めて日本と韓国の干潟の素晴らしさ、そして豊かな海の恵みに支え
られてきた漁業文化や食文化の大切さを、韓日両国民の間で見つめ
直し、干潟をとりまく問題を明らかにするために、この連続シンポ
ジウムを企画しました。

 一日目は、特に、干潟の大切さを、私たちの食との関係で見つめ
直します。ハマグリやアサリを食べたことのない人は、日本にも韓
国にもいないでしょう。しかし、そんな当たり前の食生活の大切さ
を再確認することが、今、とても重要なのではないでしょうか。
 二日目は、韓国でのセマングム干拓の問題に焦点を当てます。日
本での諫早湾干拓など、干潟をめぐる危機的な状況においても、日
本と韓国は共通の問題を抱えています。セマングム干拓は、その干
拓堤防の閉め切りが、今まさに迫っています。

 折しも、ラムサール条約(干潟や湿地の保全を目的とした国際条
約)の次回締約国会議が、2008年に韓国で開催されることが決定し
ました。このシンポジウムが、韓国と日本の干潟をまもる取り組み
を、深め、広げていくきっかけとなることを期待しています。
 このシンポジウムには、どなたでも参加できます。どうぞお気軽
にご参加下さい。

 日 時: 2/25(土)10:00~17:00・ 2/26(日)10:00~17:30

 会 場:YMCAアジア青少年センター 地下一階 スペースY
   JR水道橋駅から徒歩5分・御茶の水駅から徒歩7分
     (東京都千代田区猿楽町2-5-5)

 参加費:1日のみ 1,000円 2日とも 1,500円(大学生以下無料)
 
 主 催:日韓共同干潟調査団

 共 催:日本湿地ネットワーク(JAWAN) 
     高木仁三郎市民科学基金

 後 援:日本野鳥の会、日本自然保護協会、WWFジャパン
      
 問合せ:高木仁三郎市民科学基金 菅波 完
   E-mail sugenami@takagifund.org TEL 070-5074-5985

詳しいプログラムは、下記をご覧下さい。

続きを読む