認定NPO法人申請>東京国税局の実態調査(?)をクリアー 


認定NPO法人の申請書を提出したのが10/25。
それから1ヶ月半が経過したことになりますが、ようやく、一歩前進しました。12/7-8の二日間、東京国税局の担当官が高木基金の事務所を訪れ、会計の帳簿が正しく管理されているか等の実態調査(正式には何というのか分かりません)を行い、結論として、「提出していただいた申請書類に間違いがないことは確認できました。」とのこと。
その上で、これから、東京国税「局」が、国税「庁」へ書類を上げ、最終的には国税庁長官が決裁を下すとのこと。早くても、あと3ヶ月くらいはかかるそうです。
今年度内に決着をつけたいと思っていたのですが、厳しいかもしれません。

最終的な判断がどうなるかは、何とも予想のしようがないのですが、日常的な会計書類の整理・記帳・保管などについては、特に問題がなかったと言うことのようです。実務担当者としては、みっともない指摘を受けなかったので、ホッとしているところです。
小生、会計事務については、すべてWWFにいた頃に、見よう見まねで覚えたものですが、世間的にも恥ずかしくないレベルには達していたようです。(WWFでいろいろと面倒を見てくださった皆さんに感謝しております。)

それにしても、認定NPO法として承認された団体は、全国でまだ38団体ですから、これではせっかくの制度がもったいないですね。
制度自体がややこしいとか、条件が厳しいという問題もありますが、やはり審査にこれだけ時間がかかるのは問題だと思います。
審査のスタッフをもっと増やすなりして、せめて、全体の手続きか2-3ヶ月で終わるようにならなければ、制度として実働していることにならないのではないでしょうか。

この経過については、また動きがあれば、報告いたします。

認定NPO申請!! 


8月に発信した「高木基金だより」でお知らせした通り、高木基金では、認定NPO法人の申請を準備して参りましたが、10月25日に、正式に所轄の税務署に申請書類一式を提出しました。

昨日(11月1日)、税務署から(最初の)電話がありました。申請書類の数字に記載ミスがあるとのことでしたが、ごく単純なミスでしたので、早速、税務署に出向いて、書類の修正をしてきました。

ご承知の通り、認定NPO法人は、超難関でありまして、現在、承認されているのは、わずかに38団体です。

高木基金の申請が認められるかどうかは、最終的に国税庁の判断になりますので、予断を許しませんが、7月~9月にかけて、国税庁との事前の相談を行い、要件を満たしている(のではないか)とのことで、実際の申請に至ったわけですから、何とかうまくいって欲しいものです。

所轄税務署から、数字の修正を求められたと言うことも、裏を返せば、申請書状の形式的なチェックはクリアーして、他の点では問題がなかったということなのでしょう。

とはいえ、どうも許認可というのは、気持ちが落ち着きませんねぇ。
なにもやましいことはしていませんし、むしろ、公正かつ合理的、効率的な基金の運営を心がけているつもりなのですが。

どうなることやら。また進展がありましたら、この場で随時報告をさせていただきたいと思っています。

フリマに参加して 

大変ささやかな活動ではありますが、助成金の資金稼ぎの一環として、12月19日(日)に新宿中央公園で開催されたフリーマーケットに参加してきました。

今回は事務局の身の回りで不要品などを集めて出店しました。(大半が菅波の家の子供のオモチャ・雑貨)
午前中は、12月とは思えない穏やかな天気でしたが、午後からは日が陰って、風が急に冷たくなってきたので、早めに切り上げました。

売上げは7,980円で、出展料などを差し引いた5,180円が高木基金の収益となりました。

助っ人で駆けつけてくれた学生さん3名にはお昼代もお渡しできませんでしたが、ご協力頂きありがとうございました。

このような活動も、時々やっていきながら、資金稼ぎに努めていきたいと考えております。
(みなさん、何か良いアイデアがあったら教えて下さい!)

早速アクセスありがとうございます! 

先日、高木基金からのお知らせメールなどで、ネットでの書籍購入で高木基金に収益還元があることをお知らせしましたら、その後、4日で、15件ほどのアクセスがありました。
早速アクセスして下さった方、ありがとうございました。
まだ、実際の注文実績は無いようですが、無理に買って頂く物ではないので、今後を楽しみにしております。

ネットで書籍を注文すると高木基金へのカンパになる話 

インターネットで書籍などを注文する方が増えてきましたが、
アマゾンをお使いの方は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=takagifund-22

bk1をお使いの方は、
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi?aid=p-TJ-Fund61725
のアドレスからアクセスして頂きますと、その注文が、高木
基金からの紹介というかたちで集計され、購入代金の約3%が
高木基金に還元されるようになりました。

無闇に買い物をして下さいとお願いするものではありませんが
ネットでの書籍購入をしておられた方は、このアドレスをブッ
クマークに登録して頂ければ、今後も自動的にカウントされま
すので、ぜひご協力下さい。

例えば、月に1万円購入の場合、年間約3千円の還元となり
賛助会員の会費相当のご支援になります。

また、以前から書き損じハガキ・金券などでのご寄付をお願い
してきましたが、時節柄、この手のモノが発生しやすい時期で
すので、よろしければ、後日まとめて事務局にお送り頂ければ
幸いです。

よろしくお願いいたします。